メディア個別 離婚しがち夫婦に見られる妻の口グセ | 離婚しやすい夫婦の会話パターンは? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
会話のない夫婦 離婚しやすい夫婦の会話パターンは? 

離婚しがち夫婦に見られる妻の口グセ
~離婚しやすい夫婦の会話パターンは?~

他人に対しては普通にできる気遣いが、夫婦間ではできなくなってしまうことが多々あるもの。離婚に陥りやすい夫婦のパターンとして、知らず知らずのうちに相手を不愉快にさせてしまう妻の口グセには、どんなものがある?

離婚問題研究家で、『ある日突然妻がいなくなった』(ベストブック)、『「最高の離婚」のつくり方』(自由国民社)などの著書を持つ岡野あつこ先生は言う。

「離婚につながりやすい奥さんに共通しているのは、ダンナさんのプライドを傷つける言葉を使う傾向があることです。夫と完全に対等になり、一目を置くことを忘れているから、思ったことをそのまま言ってしまうんですよ」(岡野先生 以下同)

岡野先生が実際に数々の離婚相談のなかでよく耳にする、「夫が言われて嫌だった言葉」を挙げてもらった。

●仕事への口出し
・仕事が忙しいときに妻に言われる「本当に仕事なの?」「本当に残業なの?」などの疑いの言葉
・「もっと稼いでよ」「こんな安月給で偉そうにしないで」といった直接的な攻撃の言葉のほか、「私だって欲しいものも買わずに我慢しているんだから!」などという皮肉。

●相手の親・兄弟に関すること
・「あなたのお母さんって、意地悪よね」「あなたのお姉さんってケチよね」など、相手の身内の悪口。
離婚しがち夫婦に見られる妻の口グセ
 
ただ、「仕事への口出し」は、相手への期待や、ハッパをかける意味もあるだろうけど…。

「本人としてはハッパをかけているつもりでも、言われたほうは『仕事がどれだけ大変かわかりもしないくせに』と思ってしまいます。期待の表れのつもりが、愚痴で終わってしまうんです」

また、相手の親に嫌なことを言われたときなど、ついグチをこぼしたくなることもあるだろう。だが、これも「主体」を変えて伝えるだけで、相手に与える印象がグンと変わると、岡野先生は言う。

「たとえば、『稼ぎが悪い』と言うのではなく、『あなたには力があるのに、会社は全然わかってない』と主体を会社に置き換える。お母さんのことを話すなら、『お母さんが〇〇って言うんだけど、私、嫌われているのかな』『私、何か失礼なことしちゃったかな』と、主体を自分に置き換えると良いんです」

正面からのグチやダメ出しは、ケンカにつながるだけで、相手を良い方向に変えることはできない。一緒に生きていく相手だからこそ、ストレートに思ったことをぶつけるのではなく、相手の心をプラスに動かす言葉を選んで使ってみては?
(田幸和歌子+ノオト)

お話をお聞きした人

dマーケットパパママ特集
この記事へのご意見はこちら
PAGETOP