メディア個別 雨の日こそ、子どもとのスキンシップを楽しむ特別な日にしよう! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
雨の日こそ、子どもとのスキンシップを楽しむ特別な日にしよう! 

雨の日こそ、子どもとのスキンシップを楽しむ特別な日にしよう!
~ベビーカレンダー~

この記事では、日本コミュニケーション育児協会の珠里さんが「雨の日を楽しむ方法」を紹介しています。おうちの中で体を使った遊びをしたり、ママのダイエットにもなるようなスキンシップをしたり。簡単な手作り楽器を作ってみるのもおすすめだそうです!

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。雨の日が続くこの季節はお外に遊びに連れて行きたくても行けず、おうちの中で遊ぶことが増えますよね。そして、おうちの中でできる遊びは限られているので、ママも子どもも飽きてしまいますよ。ですので、今回はそんな季節におすすめなおうち遊びをお伝えいたしますね。

子どもとのスキンシップを楽しむ♪

カラダを動かすことが大好きな子どもに、「おうちの中で静かに過ごしなさい!」というのは難しいですよね。そんなときにはカラダを使った遊びを楽しんじゃいましょう。


たとえば、あお向けになりおなかの上に子どもを腹ばいにし、歌を歌いながらゆらゆらと横に揺らしたり、おなかを大きく膨らませたり縮めたりして、上下に揺らしてあげる。おなかを膨らませるときには大きく息を吸い、吐くときには子どもの頭やお顔に向け、やさしく吹きかけてあげるとよろこびますよ。

スキンシップでママのダイエットもできちゃう♪

また、ママの運動にもなるこんな遊びはいかがでしょう。床に足を延ばして座り太ももの上に子どもを座らせ、おしりを交互に動かし、前進したり後退したりする“おしり歩き”をする。


これだとママは運動ができ、子どもはママとのスキンシップができるのでお互いに満足ができおすすめです。とはいっても、お子さんを乗せながらのおしり歩きは負担もかかるので張り切り過ぎず、適度に行ってくださいね。

おうちにあるもので楽しむ♪

そのほか、おうちにあるものでおもちゃを作って楽しむのもおすすめです。


たとえば、ベビーバスの中に新聞紙を軽く丸めて入れ、新聞紙ボールプールをつくり、その中に子どもを入れて遊ばせてあげましょう。また、ペットボトルにお米や丸めたアルミホイル、綿棒などを入れ、マラカスを作り、いろいろな音を楽しむのもいいですね。ペットボトルのフタはしっかりと締め、中のものが出てこないようにしましょう。


また、なんでもお口に入れてしまうお年ごろですので、そばで見守ってあげながら遊ばせてあげてくださいね。雨の日は子どもとのスキンシップを楽しむ特別な日♪ 思いっきり楽しんでくださいね。

著者:日本コミュニケーション育児協会 珠里祐子

日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP