メディア個別 性同一性障害、育て方が関係するの? | わが子が性同一性障害だと思ったら? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
心と体が異なる性同一性障害 性別を意識 

性同一性障害、育て方が関係するの?
~わが子が性同一性障害だと思ったら?~

子どもが性同一性障害だったとき、母親は「私の子育てが間違っていたのでは?」と悩んでしまうことがあるという。子育てと性同一性障害には関係があるの? 性同一性障害の当事者で、NPO法人 性同一性障害支援機構の理事長を務める中山貴将さんに聞いた。

「性同一性障害は育て方に起因するものではありません。 生まれたときから心の性と体の性が違っているのですから、親が与えるオモチャや洋服は影響しません。そのため、『子育てが間違っていたのでは?』と悩む必要はないんですよ。僕の場合は、身体的には女の子でしたが、脳は男の子でした。母が女の子用の服やオモチャを買ってくれても、自分の性への違和感は変わりませんでした」(中山さん 以下同)

妊娠中に母親が受けるストレスが性同一性障害の原因になるという声もあるが、本当のところはどうなのか?

「たしかに、胎児のときに受けるホルモンの影響(ホルモンシャワー説)が有力とされていますが、これも確定しているわけではありません。今まで多くの当事者たちに出会ってきましたが、すべての人に共通する理由はないのです。それよりも、子どもにとっては親が自分のことで悩むのがとてもつらいことなんです」
性同一性障害、育て方が関係するの?
 
例えば、男の子が女の子とばかり遊んでいたり、女の子のような洋服を好んだりという場合には、親はどうすればいいのだろう?「男の子なんだから…」と言ってもいいのだろうか?

「『男の子なんだから…』『女の子なんだから…』と言われるのは、子どもは嫌でしょう。ただ、子どもは親の期待に沿わなくてはという気持ちがありますから、嫌でも親が買ってきてくれた洋服だから着なければ、という子どももいます。一方で絶対に着ない! という子どももいますから難しいです」

最近では性同一性障害の認識の広がりとともに、学校と連携して、ケアが行われている事例もあるのだとか。

子ども本人が自分の性に違和感を覚えていると言ってきたとき、悩んでいる様子があるときには、親は子育てを振り返って悩むよりも、その気持ちを受け入れて一緒に考えることが大切だ。
(川野ヒロミ+ノオト)

お話をお聞きした人

この記事へのご意見はこちら
PAGETOP