メディア個別 【もう巻かない】ベーコンに頼らない「アスパラ」レシピ4選 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【もう巻かない】ベーコンに頼らない「アスパラ」レシピ4選
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

6月が旬のアスパラガス(以下、アスパラ)。鮮やかな緑は料理の見た目も良くしてくれるし、シャキシャキ&ホクホクの食感もたまらないアスパラですが、何となくベーコンに頼りがち(しかも巻きがち…)。

アスパラ×ベーコンの組み合わせは簡単でおいしい“最強のコンビ”なのですが、そろそろ違うレシピを知りたいと感じるママも多いのでは?

そこで今回は、「ベーコンを使わない」「巻かない」アスパラレシピを4つ紹介します!

【もう巻かない】ベーコンに頼らない「アスパラ」レシピ4選
 

1●アスパラの塩焼き

せっかくの旬な食材なので、まずはシンプルに塩焼きはいかがでしょうか?

【材料】(2人分)
・アスパラ…6本
・塩…少々
・オリーブオイル…少々

【作り方】
1)フライパンにオリーブオイルをひき、アスパラを並べる
2)中火で軽く焼き色が付くまで焼く
3)火が通ったら、塩を振りかけて完成!

塩焼きは食材のおいしさを味わえる調理法ですが、なぜか意外と作らないですよね。塩のほか、バターやしょうゆ(もしくはバターしょうゆ)で、軽く味付けするのもおすすめ!

2●鶏むね肉のヘルシーカレー炒め

続いて紹介するのは、パパも子どももきっと喜んでくれる「カレー味」のレシピです。

【材料】(2人分)
・アスパラ…4~5本
・鶏むね肉…300g
・片栗粉…大さじ1
・塩コショウ…少々
・オリーブオイル…適量
・カレー粉…小さじ1
・めんつゆ…大さじ1

【作り方】
1)鶏むね肉を食べやすい大きさにそぎ切りにする
2)1に塩コショウを振り下味を付け、片栗粉を全体になじませる
3)アスパラの根本を切り落とし、4cm幅程度の斜め切りにする
4)オリーブオイルを入れたフライパンを熱し、2を中火で焼いていく
5)両面に焼き色が付いたらアスパラを加えさらに炒める
6)カレー粉とめんつゆを回しかけ、全体に絡めたら完成!

おかずとしても、おつまみとしても活躍する万能選手なので、出番が増えること間違いなし。カロリーが気になるママも、鶏むね肉だからがっつり食べても罪悪感はなくなりそう?

3●アスパラのちくわボート

使い勝手がいい食材のひとつ、「ちくわ」。キュウリやニンジンなどの野菜やチーズを穴に差し込めば一品になるから、ストックしているママも多いのでは? 次は、そんなちくわと旬のアスパラを使ったレシピです。

【材料】(2人分)
・アスパラ…2本
・ちくわ…2本
・ピザ用チーズ…適量
・マヨネーズ…適量
・ブラックペッパー…適量

【作り方】
1)アスパラの根本を切り落とし、ちくわを縦半分に切る
2)ちくわの溝になったところにアスパラを入れ、2~3cm幅に切る
3)ピザ用チーズとマヨネーズを2の上にのせ、オーブンや魚焼き用グリルで焼き色が付くまで焼く
4)仕上げにブラックペッパーを振りかけたら完成!

ケチャップも追加するとピザ風にもなります。お弁当のおかずにもよさそう!

4●アスパラの浅漬け

最後も、とってもシンプルなレシピ。ごはんのお供にピッタリの浅漬けです。

【材料】
・アスパラ…5本
・しょうが(ひとかけでもチューブでも可)…大さじ1
・さきいか…少々
・塩こんぶ…少々
・めんつゆ…200cc

【作り方】
1)アスパラを塩ゆでする
2)1を保存容器に入れ、残りの材料を加える
3)冷蔵庫で冷やしながら2時間ほど漬け込んで完成!

アスパラと一緒にキュウリやニンジンなどを漬けても◎。さきいかと塩こんぶからダシが出るので、簡単だけどコクもある浅漬けになりますよ。

アスパラ=ベーコンと定番化してしまっているけれど、ほかにもたくさんのレシピがあります。ベーコン以外の食材とも相性はいいので、色々と試してみてはいかが?
(文・三軒茶屋すみ子/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP