メディア個別 気管支の弱い子は注意?小児科医に聞いた「ある遊び場」【ママの体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
気管支の弱い子は注意?小児科医に聞いた「ある遊び場」【ママの体験談】 

気管支の弱い子は注意?小児科医に聞いた「ある遊び場」【ママの体験談】
~ベビーカレンダー~

「ある遊び場」について小児科医に注意を受けたママの体験談を紹介しています。気管支が弱く咳が続くことが多かったお子さん。小児科医に相談したところ、ボールプールには注意が必要といわれたそうです。遊ばせるのは体調がいいときになるべく短時間にするなどしたそうです。

わが家の2人の子どもたちは気管支が弱く、咳が続いて小児科にかかることがたびたびありました。重症化したことはなかったのですが、できる限り予防をしたい。そこで、何か咳を防ぐ方法はないか、かかりつけの小児科の先生に相談しました。

「“ある遊び場”に気を付けて」

小児科の先生からは、「“ある遊び場”に気を付けて」とのアドバイスがありました。


その遊び場とは「ボールプール」。カラフルなボールがたくさんあって、見ただけでもウキウキしますよね。ボールを投げたり、たくさんのボールの中を泳ぐようにして遊んだりと、子どもたちが思いっきり楽しめるスポットです。わが家の子どもたちも、2人ともボールプールが大好きだったのでちょっとショックでした。

ボールプールに注意が必要な理由

ボールプールのボールは材質的にどうしてもホコリを引き寄せやすく、そのボールを投げたり、ボールの中をかき分けるようにして動き回ったりすることで、どうしてもホコリを吸い込みやすいのだそうです。


いつもたくさんの子どもたちで賑わっている場所とあって、目には見えないけれど、思った以上にホコリが多い場所なのかもしれません。子どもたちが大好きな遊び場なので思いもよらないことでした。

利用するのは体調がいいときに!

週末によく行くショッピングモールにもボールプールで遊べる場所があり、買い物帰りによく子どもたちを遊ばせていました。


ただ、小児科の先生に「気管支が弱い子はボールプールに注意」と聞いてからは、遊ばせるのは体調がいいときに限定し、なるべく短時間にするなど、今までよりも子どもたちの体調を考慮して利用するようにしています。


また、以前は買い物帰りに寄ることが多かったボールプールですが、午前中のほうが空いているので、ホコリも少ないのではないかと考え、先に遊ばせてから買い物に行くことも。思いっきり楽しんだあとは、子どもたちも機嫌よく買い物に付き合ってくれるようになり、一石二鳥でしたよ。

著者:奥田美紀

二児の母。IT企業にてSE・プログラマーとしてシステム開発やWEBサイト運用等をおこなう。夫の転勤や子育てのために退職し、現在は妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP