メディア個別 0歳で保育園「かわいそう」から「よかった」に変わっていった【体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
0歳で保育園「かわいそう」から「よかった」に変わっていった【体験談】 

0歳で保育園「かわいそう」から「よかった」に変わっていった【体験談】
~ベビーカレンダー~

この記事では、0歳で保育園に入園したお子さんを持つママの体験談を紹介しています。最初は罪悪感でいっぱいだったママ。いざ入園したらのびのびと集団生活を楽しむ姿にびっくり!「かわいそう」という気持ちから「入園させてよかった」という気持ちに代わっていったそうです。

歳の離れた3人目の子どもが、この春から保育園へ通い出しました。0歳で入園させることに最初は罪悪感でいっぱいでしたが、いざ通い出すと積極的に園生活を楽しむ姿が! 実際に通わせることで、保育園のよさを知ることができ、「かわいそう」から「よかった」へ気持ちが変わっていったエピソードを紹介します。

3人目にして初めての保育園生活

歳の離れた3人目の次女が、保育園の0歳児クラスに入園。上の子たちは3年保育の幼稚園だったため、保育園生活も0歳での入園も初めての経験でした。


保育園という場所をよく知らなかったことと、0歳で入園させるということが重なり、入園前は「小さいうちから保育園に入れるなんて、かわいそうな選択をしてしまった」と罪悪感でいっぱいでした。

保育園で見せた次女の新たな一面

そんな罪悪感を持ったままスタートした保育園生活でしたが、親の心配をよそに次女本人はのびのびと集団生活を楽しんでいました。家ではとても甘えん坊な次女ですが、集団生活では泣いているお友だちををグイグイ引っ張るお姉さんタイプで、控えめな上の子たちとの性格の違いに大変驚きました。


保育園に入園させなければ見ることがなかっただろう、そんな次女の新たな一面に感動するのと同時に「保育園ってすごい!」という感情が芽生えました。

「かわいそう」から「よかった」へ

これまで幼稚園しか知らなかったため、漠然と「小さいうちから保育園に通わせることはかわいそうなことだ」と思っていました。でも、全力で集団生活を楽しむ次女の姿を見て、「保育園に入園させてよかった」と心から思えるようになりました。


さみしくて泣いてしまうこともありますが、いい先生やお友だちに囲まれて、これから素敵な保育園生活を送れるのではないかと思っています。


初めて保育園に入園させるときは、罪悪感や不安でいっぱいの方も多いかと思います。でも、「入園したら想像していたものと全然違った!」なんてことも、おおいにあるのではないかと感じています。

著者:戸塚麻心

発達障害のある長男、長女、年の離れた次女の三児の母。保育園・アパレルなど幅広い業種を経験し、結婚・出産。子育て中に2級FP技能士を取得し、コンサル会社に勤務。現在は不定期でアシスタント業務をしながら記事を執筆中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP