メディア個別 レトルトパスタソースはワーママの味方!じゃがいもミートグラタン15分レシピ | ワーママごはん 15分でいただきます! | ママテナ
レトルトパスタソースはワーママの味方!じゃがいもミートグラタン15分レシピ

レトルトパスタソースはワーママの味方!じゃがいもミートグラタン15分レシピ

3児のママ・公認スポーツ栄養士の馬明真梨子です。今回はどのご家庭にもおいてありそうなレトルトパスタソースを活用した15分レシピをご紹介します。基本食材は、ミートパスタソース、じゃがいも、豆腐、チーズのみ。ホワイトソースも使いたいところですが、手間を減らすために豆腐を使ってみました!豆腐が苦手な娘も「おいしい!」と言っておりましたので時短だけでなく、豆腐が苦手なお子さんもぜひトライしてみてください。

隠し味は豆腐!15分で作るじゃがいもミートグラタン

メインの食材はじゃがいも、豆腐ですが他にミートソースに合う食材があればプラスしてもOKです。今回はコーン缶を使いました!ツナ缶や冷凍野菜(ほうれん草、しめじなど)も入れると具沢山になって品数が少なくとも栄養価が高くなります。

切らない、下処理しない食材が冷蔵庫や冷凍庫にあるとより時短で便利です!

【材料】(2人分)
レトルトミートソース 1袋(260g・2人前)
じゃがいも 2個
コーン缶 大さじ4
豆腐 1/2丁
マヨネーズ 適量
ピザチーズ 適量(なければスライスチーズ可)

【作り方】
1.じゃがいもは5mm幅の輪切りにし、レンジで加熱する。(竹串がスッと入る硬さ)
2.豆腐は1cm幅に切り、お好みで水切り、またはフライパンで焦げ目をつけておく。
3.耐熱皿に加熱したじゃがいもを並べ、その上に豆腐を並べる。
4.豆腐に適量のマヨネーズをかけ、コーンを散りばめる。

5.最後にミートソース・チーズを載せ、トースターで焼き目をつけ完成です。

時短&備蓄の味方!レトルト食品の活用のコツ

今回使用したミートソースはCGCジャパンの「ミートソース」(260g、税別98円)です。私の利用しているスーパーはCGC商品を取り扱っており、なんといってもお値段がお手頃なんです。備蓄食品としてや夕飯のアレンジに利用したりと、買いだめできる際に購入しています。

パスタソースはいくつかありますが、子供たちがミートソースを好きなことや他のソースに比べて野菜が多め、そしてアレンジしやすい点からミートソースを選びました。

家族の健康を担う食ですが、仕事で忙しいからといってレトルト食品のみでは忍びない、でも早く作り終えたいママは多くいらっしゃると思います。レトルト食品が主というよりも、ケチャップやソースのような感覚で料理に彩りを加えるイメージで活用するとメニューの幅は広がります。

レトルトの多くはじっくり煮込んで作っているものが多く、遅く帰ってきてじっくり作る時間がない、冷蔵庫にほとんど食材がない、といった「ない!!」を助けてくれる食品です。

便利な点もありますが、使う時に気を付けてほしいこととして、他の料理との組み合わせです。レトルトは味付けが濃いものが多いです。副菜や汁物など他の料理は味付けをシンプルに薄味を心がけ上手に活用していきましょう!

関連記事:

ピックアップ

癒やしの「モーツァルト牛乳」♪ 乳牛に音楽を聴かせ飼育
野菜たっぷりで女性に人気のオムライスカレー!店主の愛妻のリクエストがヒントに
トマトで若々しく!血管美人をめざそう【レシピ付き】
ご当地タニタごはんコンテストのレシピ募集!