メディア個別 もしかして生理不順?正常な生理の期間や周期について | カラダのキモチコラム | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

もしかして生理不順?正常な生理の期間や周期について

カラダのキモチコラム
「正常な生理とは、どういうものでしょうか?」……こう問われて、正解をいい当てられる人は、ここ日本ではとても少ないのが現状です。生理については保健体育の授業で習うことになっていますが、残念ながら日本の学校では性教育が重視さ […]

「正常な生理とは、どういうものでしょうか?」……こう問われて、正解をいい当てられる人は、ここ日本ではとても少ないのが現状です。生理については保健体育の授業で習うことになっていますが、残念ながら日本の学校では性教育が重視されておらず、その知識が十分に伝わっているとはいいがたいからです。それゆえ、毎月体感している「私の生理」がスタンダードとなるのです。

正常な生理の期間・経血の量は?

では、ここで「正常な生理」の特徴を3つ挙げます。

生理周期は、25日から38日 出血は、3日から7日間持続する(平均5日間) 1周期の経血量は、20mlから140ml

1と2は自身の状況をすぐにふり返れると思いますが、3は難しいですよね。自身の経血量を測った経験がある人は、ほとんどいないはずです。

経血は「多過ぎず、少な過ぎず」が正常です。「少ない=おりもの程度しか出ない」「多い=日中、市販の昼用ナプキンを使用していても1時間前後であふれてしまう。夜間、夜用ナプキンをしていても衣類や寝具を汚してしまう」が目安です。

生理が2カ月に1度のサイクルなのに「私にとってはこれが普通」という人や、市販のナプキンで受け止めきれないほどの経血が出て貧血になっているのに「生理ってこんなもの」と思っている人は珍しくありませんが、これは決して“正常”ではないのです。

上記の1、2、3からはずれる生理を、“月経異常”といいます。生理は日々のコンディションの影響を受けやすいので、仕事が忙しかったり毎日がストレスフルだったりすると、周期や量が乱れ、痛みを強く感じることもあります。ですが、それが3カ月以上連続すると、月経異常だとみなされます。

関連記事:
生理周期の数え方って?長い・短いの基準と心と体の変化を解説します

月経異常は体からのサイン

月経異常の裏には、病気が隠れていることがあります。いうなれば、子宮や卵巣の病気を知らせてくれるサインです。「これって普通」と見過ごすうちに、病気が進行する可能性もあります。

生理中のつらい症状

生理中の症状は、下腹部痛だけでなく、頭痛や腰痛、吐き気、下痢、食欲不振、強い倦怠感などの症状が出る人もいます。これは“月経困難症”といい、生理のある女性の3割が月経困難症に悩んでいるという調査結果があります。つら過ぎて会社を休んだり、前もって立てていた予定をキャンセルせざるを得なかったり、社会生活に大きく影響するようでしたら婦人科を受診し、医師に相談しましょう。

生理痛は我慢しないで早めに対処を

生理痛についてはどうでしょうか。最近では、生理痛に特化した鎮痛剤のCMが頻繁に流れます。毎月のように友人同士で「生理痛が重い」と言い合うのは、定番の女子トーク。痛くもつらくもない女性もいますが、「生理は痛くてつらいもの」というのは多くの女性にとって共通認識となっています。

「子宮内膜症」の症状のひとつに、生理痛があります。子宮内膜は本来、子宮の内側にできるものですが、これと似た組織が卵巣やお腹の中にできてしまう病気が子宮内膜症です。生理がある日本人女性の10人に1人はこれに罹っているといいます。放置しておくと、卵巣にチョコレート嚢胞(のうほう)ができたり、不妊につながったりするので、早めの対処が肝心です。

しかし、生理痛のなかには病気と特に関係のないものもあります。「機能性月経困難症」といって、まだ身体もホルモンバランスも不安定な思春期や、心身が強いストレスを抱えているときは、痛みを感じやすいのです。

だからといってこれも放置していいものではなく、痛みを感じたらなるべく早く鎮痛剤を飲むとよいでしょう。痛くなる前にあらかじめ飲んでおいてもいいぐらいです。

関連記事:
ひどい生理痛を和らげる9つの方法

生理の悩みはきちんと医師に相談しよう

痛みを我慢しても、何のメリットもありません。「鎮痛剤を飲み慣れると効かなくなる」「生理の痛みを抑えると、出産するときの陣痛が強くなる」など巷のウワサは、たいていがデタラメです。市販の鎮痛剤に不安を感じるなら、病院で処方してもらいましょう。

子宮内膜症からくる生理痛の場合、他にも性交痛や排便痛を伴うことがありますが、一般の女性が自身の身体で感じる痛みによって「これは子宮内膜症の症状」、あるいは「病気とは関係のない痛み」と判断することは不可能です。思い当たることがあるなら、早めに婦人科を受診しましょう。医師は誰も「生理痛ぐらいで大げさな」と思いません。安心して相談してください。

配信元

カラダのキモチ
カラダのキモチ
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。

あなたにおすすめ