メディア個別 子どもへの接し方が見えてくる!イヤイヤ期の心得【ママの体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
子どもへの接し方が見えてくる!イヤイヤ期の心得【ママの体験談】 

子どもへの接し方が見えてくる!イヤイヤ期の心得【ママの体験談】
~ベビーカレンダー~

現在7歳の息子さんを育てるママが、イヤイヤ期を振り返って大切だったと感じることを教えてくれました。感情的になってもかまわない。ただ、気持ちの切り替えが大切。困ったときはわが子を抱きしめるなどです。

息子のイヤイヤ期は1歳後半ごろから始まり、2歳代がピークでした。うまくブロックで遊べない、嫌いな食べ物が食卓に出てきたときなど、いろいろなシーンでイヤイヤが爆発。つい私も感情的になって叱ってしまいました。今回はイヤイヤ期を通して学んだ体験談をお伝えします。

魔のイヤイヤ期、感情的になって当然

現在息子は7歳です。子育てを振り返ってみると、いちばん大変だったと思う時期が、1歳後半~2歳代だったと感じています。まさにイヤイヤ期です。


たとえばスーパーへ行ったとき、カートに乗せるとイヤイヤが始まる。抱っこをしてもイヤイヤがおさまりません。「ならどうすればいいの?」と感情的に叱ってしまうこともありました。こうした毎日を過ごしていると、感情的になってしまうことがあって当然だと思います。

気持ちが切り替えられる方法を見つける

息子を感情的に叱ったあと、「言い過ぎたな」と自己嫌悪に陥ることも多々ありました。感情的になるのは仕方のないことですが、ただひとつ気をつけたいと思ったことがあります。それは「自分の感情をエスカレートさせないこと」です。


自宅でカッとなったときは、クッションに向かって思いっきりパンチする、子どもと別の部屋に行くなど、気持ちを切り替えられる方法を模索しました。自分に効くクールダウン法を見つけておくと、今後の子育てにも役立つことを実感しています。

困ったときはわが子を抱きしめた

何をしても泣き止まない、おもちゃを投げてくる。こんな状況にイライラがおさまらず、つい息子の頭をたたいてしまうこともありました。


たたくのはよくないとわかっていても、感情をおさえることができません。しかし、一度手を上げてしまうと感情はエスカレートするだけだと気づきました。そこで、対応に困ったときは息子を抱きしめることにしたのです。親子で泣きながら心を落ち着かせることができました。


普通に着替えをすれば5分で済むところを、30分以上かかることもあるイヤイヤ期の子育ては、ふだん以上に大変でした。しかし、気持ちを切り替える大切さなど、学ぶことも多くあったイヤイヤ期だったと感じています。

著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、おいしいものを食べること。


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP