メディア個別 赤ちゃんが衣類を自分で脱ぎ着できるようになるのはいつから? | ベビーカレンダー | ママテナ
赤ちゃんが衣類を自分で脱ぎ着できるようになるのはいつから?

赤ちゃんが衣類を自分で脱ぎ着できるようになるのはいつから?

この記事では、保育士の中田馨さんが赤ちゃんのお着替えについてお伝えしています。1歳を過ぎたら、自分でお着替えにもチャレンジしてみましょう。まずは、靴下を脱ぐことから始めるのがおすすめ。脱ぐのができたら、遊びとして大人の靴下をはくことも挑戦してみましょう。

こんにちは。保育士の中田馨です。1歳を過ぎたころになると、そろそろ自分でいろいろできるように、まずは衣類の脱ぎ着からやってみようと思うママもいると思います。だけど、いつからどんな方法で始めればいいのかが分からなくて、なかなかスムーズに進まないことも。


今日は、どうすれば赤ちゃんに衣類の着脱を伝えることができるようになるのかをテーマにお話しします。

まずは靴下から始めてみよう!

手っ取り早く衣類の着脱ができるもののひとつに「靴下を脱ぐこと」があります。だいたい1歳ごろから赤ちゃんは靴下を脱ぐことができます。まずは遊びとして取り入れてみましょう。

1.一緒に手を添えて脱ぐ

「こうやって自分で脱ぐことができるんだよ」と伝えることが目的です。

2.少し脱がせてから自分で脱ぐ

靴下と一緒に足先をつかんでしまうと靴下が脱げません。靴下の先っぽを少し引っ張ってゆるませ、赤ちゃんが引き抜きやすいようにしてあげましょう。

3.自分で脱げるようになる

2を何度もしているうちに、赤ちゃんは靴下を脱ぐ感覚が分かってきますので、だんだんと自分で靴下を脱げるようになってきます。

4.できたら大げさにほめる

1、2、3、すべてに共通することは、できたら大げさにほめることです!


ほとんど親が手伝っていたとしても、まずは「できた達成感」を味わってもらうことが大切。ほめてほめてほめまくりましょう! これは靴下だけではなく、ズボンにも同じ対応ができます。しっかりと一人で立てるようになったら、ズボンを脱ぐことも段階をふみながら始めてみましょう。

靴下をはくことを促す遊び

比較的、脱ぐことは簡単にできるかもしれませんが、靴下をはくことはなかなか難しいです。あの小さな手を使い、あの小さな袋(靴下)の中に足を入れるのは至難の業。ですので、遊びのなかで靴下をはく動作を取り入れてみましょう。

シュシュに足を通してみよう!

100円ショップでも購入できる「シュシュ」。これに足を通す遊びをしてみましょう。まずは手を添えて一緒に足を通すところから始めます。「靴下を履く練習」と思って一生懸命する必要はありません。「できなかったら(興味がなかったら)明日また遊ぼう」くらいの気持ちで取り入れてみましょう。

大きいパパの靴下でトライ!

大人の靴下を使って履く練習をしてみましょう。赤ちゃんの靴下よりも大きいので履きやすく、できたときは赤ちゃんも達成感を味わえますよ。

関連記事:

ピックアップ

「えっ、入れるの無理じゃね?」どうする?最初の壁/月経カップ入れ方編
悪い想像が頭をよぎってしまう…手術後30分以上待たされるママとパパ
2人目の出産をきっかけに長男が「チック症」を発症して…!?【体験談】
「怒られちゃう」性格が強めな友達に遠慮する娘!ママ友からも心配され…