メディア個別 【拝呈】コレ読める?手紙などで使う漢字です! | liBae | ママテナ

【拝呈】コレ読める?手紙などで使う漢字です!

第1009回 liBae
「拝呈」という漢字、あなたは読めますか? 手紙や文書で使用される漢字なので、読めないと恥ずかしい思いをするかも。 うまく使いこなして、言葉美人を目指しましょう!

(1)「拝呈」の読み方は?

読み方の正解は「はいてい」。 「拝」も「呈」もよく目にする漢字なので、読めた人は多いかもしれませんね。 では「拝呈」の意味まで正しく説明できますか? 読めても意味が分からないと、使いこなせませんよ。

(2)「拝呈」の意味は?

「拝呈」には、2つの意味があります。 1つは「つつしんでさしあげる」という、ものを贈ることの謙譲語。 もう1つは、手紙のはじめに書く、相手への敬意を表すあいさつの言葉です。 それぞれの漢字に注目してみましょう。 「拝」は「拝見」「拝受」などの言葉で分かるように、謙譲の意を示す漢字です。 「呈」は「さしだす、さしあげる」という意味を持つ漢字。 組み合わさると「つつしんでさしあげる」という意味になります。 かしこまった言い方なのであまり使わないかもしれませんが、覚えておくと便利な言葉ですよ。

(3)使い方①ものを贈るとき

意味が分かったら、使い方もあわせてマスターしましょう。 ものを贈る場合は、以下のように使います。 ・先生に近著を拝呈する ・お得意先に試作品を拝呈した 目上の人に対する敬意を示し、かしこまって差し上げる様子が表れていますね。

(4)使い方②手紙などに書くとき

手紙のはじめに書くあいさつの言葉は「拝啓」が一般的ですよね。 「拝啓」は「つつしんで申し上げます」という意味の言葉。 こういったあいさつの言葉は「頭語(とうご)」と呼ばれます。 「拝呈」も「拝啓」と同じように、一般的な手紙に使用する頭語です。 頭語は「結語(けつご)」とセットで使うのがルール。 「拝啓」を用いたら文末には「敬具」という結語を使用しますよね。 「拝呈」に対応する結語は「敬具」「拝具」「敬白」です。 頭語と結語は「こんにちは」と「さようなら」にあたる言葉なので、正しく使いましょう。 「拝呈」は相手への敬意が伝わる言葉です。 使いこなせれば、周囲から一目置かれるようになりますよ。 早速使ってみてくださいね。 (liBae編集部)

配信元

liBae
liBae
liBaeは、仕事と恋愛を両立する女性を応援するWebメディア。 旬なオトナファッションに、最新グルメやコスメなど、ホットなトレンド記事を配信中です。
liBaeは、仕事と恋愛を両立する女性を応援するWebメディア。 旬なオトナファッションに、最新グルメやコスメなど、ホットなトレンド記事を配信中です。

ピックアップ

「もっちり感がたまらん…!」在庫切れ寸前の”業スーグルメ”はもう買った?
【保存版!】買わない理由がない!100均の”超優秀グッズ”がスゴイらしい…
「ストック分も欲しい…!」巷で話題の”無印アイテム”はもう買った?
「SNSでもバズってたやつだ…!」話題沸騰の100均”売切れ必至アイテム”はコレ!