メディア個別 スマホのポイント、上手な利用法は? | 隣のママのスマホ拝見!ママスマホ調査隊 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
隣のママスマホ調査隊 

スマホのポイント、上手な利用法は?
~隣のママのスマホ拝見!ママスマホ調査隊~

コンビニのちょっとした買い物で、家電量販店で、コーヒーショップでetc.日常のあらゆる買い物シーンでポイントサービスが展開されているが、皆さんはポイントを上手に貯めて&使えているだろうか。

「複数のカードを持ち歩くのが億くう」「カードは持っているけど、会計時に出すのを面倒くさくなってしまう」などの気持ちから、ついついポイントを貯め逃してしまう人も少なくないかもしれないが、2012年時点においても、ポイント・マイレージの年間発行額は、8684億円にも及ぶという(野村総合研究所調べ)。チリも積もれば山。少しずつ貯めていけば、きっと家計の足しにもなるはず。

特に、家計のなかで毎月発生する固定費で発生するポイントは見直すべき点。固定出費でもっとも高額なのは家賃だろう。家賃でポイントが発生するサービスも登場しているが、これは市場全体を見ればレアケース。注目すべきは、その次点にとなる通信費だ。
スマホのポイント、上手な利用法は?
 
スマートフォンや携帯電話の利用でコツコツ発生するポイントを使うことなく、気づくのは端末の機種変更時。ケータイショップの受付窓口の人に「貯まったポイントを端末料金に充てるか」聞かれて、言われるがまま利用している人は少なくないだろう。しかし、昨今国内携帯各社は、携帯電話購入時のキャッシュバックキャンペーンや端末料金の月々サポートを実施しており、実質負担額は減っている。安価になった端末料金に充てるより、日々の買い物をポイントで済ませたほうが、お得感は大きいだろう。

特に、最近では携帯各社それぞれ、自社のポイントで購入可能な商品やサービスラインナップ拡充している。たとえば、NTTドコモの場合、貯まったポイントは同社のコンテンツマーケット『dマーケット』内で利用することが可能(※)。雑誌やマンガ、洋服、旅行、音楽、ゲーム、生活雑貨、デリバリーフードなど、ラインナップも豊富。スマホから手軽に注文でき、使い勝手も抜群だ。

ほしい商品やサービスがないか探してみると、実はかなりの商品がポイントでゲットできることに気づくハズ。どこかに買い物に出かける前にひと呼吸おいて。スマホで自分の発生ポイントとほしい商品をチェックして、賢い消費者になろう!
(文・鈴木大介/考務店)

※端末やストアによってポイントが利用できるコンテンツは異なる。
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP