メディア個別 もう無理!乱暴な子を持つママ友の付き合いに限界を感じた理由【体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
もう無理!乱暴な子を持つママ友の付き合いに限界を感じた理由【体験談】 

もう無理!乱暴な子を持つママ友の付き合いに限界を感じた理由【体験談】
~ベビーカレンダー~

この記事では、ママ友の付き合いに限界を感じたママの体験談を紹介しています。ある日、乱暴な男の子に大怪我を負わされてしまいました。その後、怪我をさせられたのが二度目であることを切り出すと、他人事のような軽い答えが返ってきたのです。

おしゃべりが上手にできない1~2歳の子ども同士は、おもちゃの取り合いをしたり、叩いたり、ひっかいたりとトラブルはつきもの。ですが、いつも遊んでいる友だちのひとりに二度も大きなケガをさせられたとしたら、親としてどうしますか?

ママ友の子どもに泣かされてばかり

長男のTくんが生まれ、児童館で仲良しのママ友グループができたMさん。みんな子どもが同い年で、家を行ったり来たりする仲になりました。


そのなかのひとり、ママ友Aさんの息子Bくんは、気に入らないことがあると叩いたり飛びかかってきたりと少し乱暴なタイプ。母親であるAさんは「叩いちゃダメよ」とは言うものの、子どもをきちんと監督して叱るようなタイプではなく、おとなしいTくんはよくBくんに泣かされていたといいます。

一生傷跡の残る大ケガをさせられて

そんなある日、Aさん親子と公園で遊んでいたとき、BくんとのトラブルでTくんは1メートルほどの高さから落ちて、頭をざっくりと切る大ケガをしてしまったそうです。すぐに救急車を呼び、医療用ホチキスで傷跡を止めて、CT検査の結果、大事には至りませんでしたが、一生傷跡が残ることに……。


それ以来、TくんはBくんに対して苦手意識を持つようになり、あまり遊びたがらなくなりました。それでも家が近所で、子ども同士は小学校が同じ学区ということもあり、今まで通りにママ友グループでお付き合いを続けていたMさん。Aさんに対してはこの事件がきっかけで、もっとわが子のことを注意深く見てくれるだろうという期待もありました。


しかし、それから数カ月経ったある日、今度はおもちゃの取り合いがきっかけで、Bくんに大きなプラスチック製の椅子で顔を殴打される事態に。それを見ていたMさんは慌てて止めに入りましたが、ほんの一瞬間に合わず、Tくんは目の上をざっくりと切り、またしても病院へ行くことになりました。

誰のためのママ友なのか?

このままではいけないと考えたMさんは、Aさんに対して、二度もケガをさせられたことと、今後のBくんへの関わりについて、きちんと話をしようとしました。ところが、Mさんがケガをさせられたのは二度目であることを切り出すと、「そういえばそんなこともあったね。またやっちゃった〜」と、他人事のような軽い答えが返ってきたのです。


Aさんとはいくら話したところで分かり合えないと悟り、わが子を守るためにも距離を置くことに決めたMさん。今となっては「子どものために一緒に遊んでいたはずが、いつの間にか子どもを犠牲にしていたことに気づいた」と考えているそう。Bくんと会うことがなくなってもTくん自身は気にした様子もなく、ほかの気の合う友だちとのびのび遊んでいるといいます。


乱暴なことをしてしまう子は少なからずいます。ですが、親の目の前で二度も大ケガをさせてしまうとは、子ども自身というより、親にも問題があるような気がしてしまいますね。ママ友との付き合い方について考えさせられるエピソードでした。

著者:高橋じゅんこ

一児の男の子を育てるワーキングマザー。病気ネタやママ友ネタなど、ペンネームでリアルな体験談を執筆中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP