メディア個別 【100均】ダイソーの安全対策グッズで赤ちゃんの事故予防! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【100均】ダイソーの安全対策グッズで赤ちゃんの事故予防! 

【100均】ダイソーの安全対策グッズで赤ちゃんの事故予防!
~ベビーカレンダー~

ママが買ってよかった「ダイソー」の安全対策グッズを教えてくれました。テーブルの角対策に「コーナーガード角型4個」、柱などのぶつかり防止に「クッションテープ」を活用したそうです。

赤ちゃんの動きが活発になると、気になるのが部屋の安全対策。わが家の場合は”ハイハイ”を始めた生後7カ月ごろ、部屋のなかで赤ちゃんがぶつかりそうなところをチェックしました。そのときにわが家で活躍した、ダイソーの安全対策グッズをご紹介します。

部屋の安全対策はお早めに!


赤ちゃんが”ハイハイ”をできるようになった生後7カ月ごろ、部屋の安全対策をおこないました。赤ちゃんが柱にぶつかりそうになるなど、危ないと思い始めてからおこなったので、もっと早くから対策すべきだったと後悔しています。


赤ちゃんと一緒に過ごすことの多いリビングを見渡してみると、テーブルの角や柱など、危険なところがいっぱい。そこで、ダイソーで赤ちゃん向けの安全対策グッズを探してみることにしました。

テーブルの角から赤ちゃんを守る


赤ちゃんが家具などの角に頭をぶつけてしまう……。特に赤ちゃんと一緒に過ごすことの多い部屋の「角対策」は、必須だと思います。わが家が利用しているのは、ダイソーの「コーナーガード角型4個」108円(税込み)です。


付属されている粘着テープを使い、テーブルの角に安全カバーを貼りつけます。厚みがあり、角をしっかりガードしてくれています。角に頭をぶつけてしまったことがありますが、幸いケガをすることはありませんでした。

好きな長さにカットできるクッション


ハイハイをしているとき、家具や柱などに頭をぶつけてしまうことがありました。そこで安全対策として、柱にダイソーの「ぶつかり防止クッションテープ」を貼りました。


サイズは約5cm×2mタイプで、108円(税込み)です。好きな長さにカットして貼りつけることができるので、ぶつかりやすいテーブルの脚などにも貼りました。万が一赤ちゃんがぶつかってもケガをすることがなかったので、安全対策をしてよかったです。


コンセントカバーや引き出しストッパーなど、ダイソーで購入した安全対策グッズはほかにもたくさんあります。100均でそろえられる手軽さがよかったです。赤ちゃんがハイハイして部屋中を動き回る前に、安全対策をしておきたいですね。

著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。


※本記事で紹介したグッズを使っても、すべての事故・ケガを防げるわけではありません。また、ぶつかってもケガをしないとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP