メディア個別 【OIMO】『ヒルナンデス!』でも紹介された生スイートポテトが衝撃のウマさだった!! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママテナ

【OIMO】『ヒルナンデス!』でも紹介された生スイートポテトが衝撃のウマさだった!!

第5400回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
スイーツ界では、通常のものよりもやわらかく仕上げた「生○○」がよく注目されますよね。たとえば「生キャラメル」や「生カステラ」などがその一例ですが、いま話題になっている「生スイートポテト」をご存じですか? TVでも取り上げられるほど大人気の「OIMO」に行ってきました!

「OIMO」は生スイートポテト専門店!

「OIMO」は、『ヒルナンデス!』や『王様のブランチ』といったTV番組で紹介されてますます注目度が高まっている、生スイートポテト専門店。以前は期間限定のポップアップストアやオンラインストアのみの展開だったようですが、2020年8月には東京・三軒茶屋に初の路面店をオープンするなど、いま話題のお店です。

【OIMO】『ヒルナンデス!』でも紹介された生スイートポテトが衝撃のウマさだった!!

看板商品の「生スイートポテト」は様々なフレーバーがあり、またプリンやシュークリームなどの生菓子、スムージーやラテなどのドリンクでもさつまいものおいしさを楽しめるんです!

≫関連記事:まさに生食感!セブンがスイートポテトを大福にした!?
≫関連記事:タピオカの次に来るスイーツ?「トゥンカロン」を求めて原宿に行ってみた

なめらかなペーストとサクサクのパイ

筆者は三軒茶屋の路面店へ行ったのですが、ケースの中にはカラフルな生スイートポテトがズラリ。興奮しすぎてはっきりと覚えてはいませんが、10種類くらい並んでいたと思います。

どれもおいしそうで全種類制覇したいくらいでしたが、さすがにそれは無理なので、「プレーン」・「ブリュレ」・「ベリー&クリームチーズ」・「黒ごまきな粉」の4点(いずれも税込325円)をチョイスしました。

【OIMO】『ヒルナンデス!』でも紹介された生スイートポテトが衝撃のウマさだった!!

【OIMO】『ヒルナンデス!』でも紹介された生スイートポテトが衝撃のウマさだった!!

それぞれの味を詳細に説明するとキリがないので割愛しますが、ねっとりなめらかなペーストは、自然なさつまいものおいしさを味わえて、月並みですが「おいしい」のひと言。また、土台のサクサクパイが香ばしく、食感・風味ともにアクセントになっています。一般的なスイートポテトとはまったく異なり、食べれば“生”の意味がわかりますよ。

ちなみに、三軒茶屋店限定だという「マスカルポーネシュー」(税込330円)もゲット。

【OIMO】『ヒルナンデス!』でも紹介された生スイートポテトが衝撃のウマさだった!!

香ばしく、さっくり軽いシュー生地に、濃厚なマスカルポーネクリームがよく合っていて、こちらもおすすめです!
(文・明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

■記事を書いた人

TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

セブンでゲット!“甘じょっぱ系”お菓子が中毒性ありすぎ!!
大人は注目!「ガリガリ君」の新味がウマすぎですよ!!
丸鶏だし2倍!人気ラーメン店の味をカップ麺で味わえる!
【念願】ピエール マルコリーニ監修の限定ドーナツ、行列に並んでようやくゲット!!