メディア個別 うまくいったら奇跡!母乳育児は最初からうまくいかないことがほとんど | ベビーカレンダー | ママテナ
うまくいったら奇跡!母乳育児は最初からうまくいかないことがほとんど

うまくいったら奇跡!母乳育児は最初からうまくいかないことがほとんど

この記事では、助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOさんが母乳育児について解説しています。母乳育児は最初からうまくいくことはほとんどないそう。生後3カ月ごろまでは練習期間と思ってのんびり考えましょう。

こんにちは、助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOです。出産後にほどんどのママがぶち当たる壁、それが母乳育児です。そこで今日は、産後ママはもちろん、妊娠中に知っておきたい母乳育児についてお話しします。

まずは赤ちゃんに吸ってもらうこと

母乳育児を成功させるために、最も大切なのは 「赤ちゃんにとにかく吸ってもらうこと」、これに尽きます。


母乳は吸われれば吸われるだけ分泌されるメカニズムになっています。 赤ちゃんが乳頭に吸いつくと、それが刺激となってママの脳に伝わり、ホルモンが分泌されます。そして乳房の中にある乳腺に指令を出し、 乳管を通って乳頭から母乳が吹き出してくるようになっていきます。

出産がゴールではない

赤ちゃんがたくさん吸ってくれれば、母乳はどんどん出るようになるものの最初からそう簡単にはいきません。繰り返し、根気よく、くわえさせ続けることが必須なのですが 、「産んだら母乳がピューピュー出る」→「赤ちゃんはグビグビと飲む」→「スヤスヤと眠る」と思い込んでいる妊婦さんも多いです。


そもそも、妊娠中におっぱいが軌道に乗るまでの話を聞く機会はほとんどないので、出産がゴールになってしまうのですね。妊婦さんが産後のおっぱいのことまで考えるゆとりがないのは、しかたがないことかもしれません。

関連記事:

ピックアップ

「えっ、入れるの無理じゃね?」どうする?最初の壁/月経カップ入れ方編
悪い想像が頭をよぎってしまう…手術後30分以上待たされるママとパパ
2人目の出産をきっかけに長男が「チック症」を発症して…!?【体験談】
「怒られちゃう」性格が強めな友達に遠慮する娘!ママ友からも心配され…