メディア個別 現代の子どもの深刻な足事情 | 実はとっても大切な子どもの靴選び | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
現代の子どもの深刻な足事情 

現代の子どもの深刻な足事情
~実はとっても大切な子どもの靴選び~

最近、子どもたちの足に深刻な異変がおこっているというのをご存じですか? 実は、その大きな原因のひとつが“間違った靴選び”だといいます。そこで、理学療法士で足と靴の専門家である佐々木克則先生にお話をうかがいました。

●大きめの靴が子どもの足を脅かす!

「お子さんの靴選びをするときに、“すぐ大きくなるから”“履きやすいから”と、大きめのサイズを選ぶお母さんが多いと思うのですが、大きめの靴こそが子どもの足に様々なトラブルを引き起こすんです」と、話す佐々木先生。

実は、佐々木先生が在籍する“NPOオーソティックスソサイエティー”が千葉県の幼稚園児293人を対象に足のサイズや指の変形、足裏の接地度合いを調査したところ、足の指が地面に着かない“浮き指”が47%、小指が内側に曲がってしまう“内反小趾(ないはんしょうし)”が70%、さらには中高年の足のトラブルと思われていた外反母趾まで4%の子どもに確認されたそう。

「大きめの靴を履くと、足が靴のなかで前や斜めに滑って先にぶつかってしまい、足指を使ってふんばることができなくなり足のトラブルにつながってしまうんです。さらに、”浮き指”や“内反小趾”が原因で体のバランスが崩れやすくなり、それをかばって無意識のうちに体のどこかに負担をかけてしまう。その結果、姿勢も悪くなり、腰痛の原因にもなりかねないことになります。また、必然的に体も疲れやすくなるため、集中力が落ちてしまうこともあるんです」(佐々木先生 以下同)

間違った靴選びは、足のトラブルのみならず、体全体にも影響をおよぼしてしまうようです。

●足に合った靴でかけっこが速くなる!?

さらに、運動能力の低下にもつながると先生は続けます。

「最近、お子さんが“よく転ぶ、まっすぐ走れない、すぐ立ち上がれない、かけっこが遅い…”という声をよく聞くのですが、これも合っていないぶかぶか靴を履いている可能性が高いんです。実際、ぴったり合った靴を履いてからかけっこが速くなる、スポーツのパフォーマンスが上るなどのケースもたくさんあります。ぜひ、お子さんの靴をいま一度確認してみてください」

現代の子どもの深刻な足事情
 

●まずはママが靴選びの大切さを知ろう!

子どもの足に異変が起こっている理由は、日本の靴文化の歴史や環境の変化にも原因があるという。

「靴文化の欧米と違い、日本人が靴を履きはじめてから100年ちょっとなので、まだ靴への正しい認識が浸透していないんですね。つまり、いまだに“靴に足を合わせている”人がほとんどなのです。合わない靴を履いていれば、足のほうが靴に合わせて形を変えてしまう可能性があります」

また、子どもたちの足の使い方も環境とともに変わってきているという。

「ゲームの普及や子どもを脅かす事件などが増えたことで、外で遊ばない子どもが増え、足を使わなくなっているんですね。唯一、子どもたちが足を動かす場となる幼稚園や学校では、足に合わない学校指定の靴を履かなければならないことも多く、足への問題はいろいろ起こっています」

靴のサイズひとつをとっても、ほとんどの人が間違ったサイズ認識で靴を選んでしまっているというのが現状だそう。

「大事なことは、お母さん方が“靴の大切さ”を知るとともに、“お子さんの正しい足サイズ”をきちんと知ったうえで合った靴選びをすること。そして、 それをお子さんにも教えていくことです」

ママの靴への認識不足が、お子さんの健康にまで影響するとは怖いですね。ぜひ、これを機にお子さんの足と靴をしっかりチェックして、お子さんの足に合った靴選びを心がけてください。
(構成・文/横田裕美子)

お話をうかがった人

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP