メディア個別 猛暑到来!赤ちゃんにとって快適な室温や湿度の目安とは? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
猛暑到来!赤ちゃんにとって快適な室温や湿度の目安とは? 

猛暑到来!赤ちゃんにとって快適な室温や湿度の目安とは?
~ベビーカレンダー~

この記事では、保育士の中田馨さんが赤ちゃんにとって快適な室温や湿度についてお話します。赤ちゃんにとって心地よい室温は26℃~28℃、湿度は60%程度です。エアコンは外気温との差を5℃以内にするのが理想的です。 連続で冷房しているときも換気をおすすめします。1時間に1回程度窓を開けましょう。

こんにちは、保育士の中田馨です。すでに暑い毎日が続いていますが、これから本格的な夏がやってきますね。今日は、暑い夏を赤ちゃんと快適に過ごすために、保育現場で実際におこなっているお部屋の室温や湿度などのお話をしたいと思います。

赤ちゃんにとって心地よい室温と湿度は?

赤ちゃんにとって心地よい室温は、26℃~28℃、湿度は60%程度です。保育現場では、温度や湿度を測るときに赤ちゃんの生活している場所の高さを測っています。


冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へ行きます。壁に掛けた温度計の位置の温度よりも、実際に赤ちゃんがいる床のほうが冷えていることがあるからです。大人が立って感じている温度と、赤ちゃんが床で寝ているときの温度は違うので気を付けてみてください。

冷房はずっとつけてもいい?

冷房をつけると、夏バテやあせもなどを予防することができますが、外気温との温度差が大きいと体調不良を引き起こすこともあるので、温度設定は気を付けたいところです。


エアコンは28℃程度に設定して、外気温との差を5℃以内にするのが理想的です。


【エアコンや扇風機を使うときのポイント】

・赤ちゃんに直接風を当てない

・大人の感覚ではなく温度計で室温調節

・冷房の設定温度を高くして扇風機と併用

・冷房の掃除をふだんよりもこまめに


この4つのポイントを心がけてみてくださいね。

換気は必要?沐浴やプール遊び後は?

連続で冷房しているときも換気をおすすめします。1時間に1回程度、窓を開けましょう。扇風機を使って風の流れを作って換気してもいいですね。


夏は沐浴やビニールプール遊びなどをする機会も増えると思います。沐浴後ですが、室温がいつもの温度だと肌寒く感じることがあります。大人もお風呂上りに冷房の効いた部屋に入ると肌寒く感じることがありますよね。沐浴後などは、少し室温を上げるたり、一時的に冷房を止めたり、扇風機にしてみるなどしてみてくださいね。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事・保育士 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP