メディア個別 授乳前と授乳後の体重で測る哺乳量に振り回されすぎない | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
授乳前と授乳後の体重で測る哺乳量に振り回されすぎない 

授乳前と授乳後の体重で測る哺乳量に振り回されすぎない
~ベビーカレンダー~

助産院ばぶばぶのHISAKOさんが母乳量測定についてお話しします。授乳前と授乳後に体重測定をして差し引き、何g飲めたかをチェックすることを哺乳量測定と言います。哺乳量測定は、「赤ちゃんが飲んだ量」を示す数字であって、「分泌している母乳量」ではないとHISAKOさんは言います。

こんにちは、助産院ばぶばぶのHISAKOです。初めての出産が終わったと思ったら、慣れない赤ちゃんのお世話がスタート。そのなかでも悩みの多い、授乳前と授乳後に体重測定をして差し引き、何g飲めたかをチェックする「哺乳量測定」についてお話しします。

哺乳量測定がママのプレッシャーに

いっぱい飲んでくれているのが視覚でわかったら自信になるけど、いつまでたっても数字に反映されなければ落ち込み、自分を責めてしまいますね。

「具体的な数字よりママの直感で、赤ちゃんの様子を感じ、自分自身を見つめ、考えながら子育てをしてほしい」という視点からみると、哺乳量測定を授乳のたびにおこなうのは、退院してから不安になって、母乳だけで足りているのにミルクを足す行為をあおる原因かもしれません。

哺乳量は赤ちゃんが飲んだ量

哺乳量測定は、「赤ちゃんが飲んだ量」を示す数字なのであって、「分泌している母乳量」ではありません。測定した哺乳量だけで母乳分泌のよしあしを判断することはできないし、はじき出した数字はあくまでも目安。今回が少ないからといって毎回同じではなく、ずっと少ないままでもありません。

赤ちゃんはいつも同じようにおなかがすくわけではありません。少ししか飲まなかったら、そのあとは頻繁に欲しがり、いっぱい飲んだあとは魂が抜けたみたいに眠るでしょう。手足をよく動かすかどうか。目に輝きがあるかどうか。おしっこ・うんちがちゃんと出ているかどうか。元気に泣くかどうか。

細かいことは気にしないで、赤ちゃんが元気にしているかどうかをママの直感で観察してあげてくださいね。

哺乳量測定はピンポイントで効果的に!

しっかり母乳分泌しているのを確認できたら(自分で判断せずに助産師に診てもらいましょう)哺乳量が少なくても、頻回に吸わせ、搾乳で対応。すぐにミルクを足す判断は必ずしも正しいとは言えません。授乳のポジションを工夫して正しいくわえ方をマスターするだけで哺乳量につながるケースもあります。

早産や帝王切開、低体重の赤ちゃんは哺乳力が弱いので、スタミナがつくまでひたすら待ってあげましょう。授乳の間隔を短くして、疲れない程度の時間で頻回授乳、すぐ疲れてしまうときは搾乳で補足です。


哺乳量測定は、医学的適応があるときに、ピンポイントで効果的におこなうことが大事だと思います。

著者:助産院ばぶばぶ院長 助産師HISAKO

総合病院小児科・産婦人科・NICU病棟勤務を経て、地域での助産師活動・出張専門助産院を開業。2006年には来院ケアも可能な「助産院ばぶばぶ」をオープン。2016年に11人目を出産し、ママたちに元気と勇気をおすそ分けすべく母乳育児支援や講演活動、書籍出版など多岐にわたって活動中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP