メディア個別 もしかして母乳不足?!桶谷式母乳外来に行ってみた!【ママの体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
もしかして母乳不足?!桶谷式母乳外来に行ってみた!【ママの体験談】 

もしかして母乳不足?!桶谷式母乳外来に行ってみた!【ママの体験談】
~ベビーカレンダー~

この記事では、頻回授乳から母乳不足を心配し、桶谷式母乳外来へ行ってみることにしたママの体験談を紹介しています。

完全母乳育児をしていると、ちゃんと母乳が出ているか、ちゃんと飲めているかなど、たくさんの不安があると思います。私もそのひとりで、母乳不足や乳腺の開通不足を感じていました。そこで、以前から気になっていた「桶谷式母乳外来」に行ってみたのです。

続く頻回授乳。もしかして母乳不足?!

私が母乳不足を感じたのは、1日20回の頻回授乳が続いたからでした。自己流のマッサージをしてみても、痛さのあまりに加減をしてしまい、右胸は乳腺が2本ほどしか開通していないようでした。そのため、専門の方に診てもらったほうがいいと感じたのです。


そこで、以前から口コミなどを見て気になっていた、桶谷式母乳外来に行ってみました。やさしい助産師さんが出迎えてくれて、ふだんの食生活や睡眠時間などの問診から始まり、赤ちゃんの身長、体重測定をしました。

マッサージ開始!だんだんと不安が薄れていく

桶谷式母乳外来のマッサージは、痛くないことでも有名です。蒸しタオルで温めながら、基底部を剥がすようにマッサージしていくのですが、私は自己流のマッサージしかしたことがなく、胸が凝り固まっていたようでかなりの激痛でした。


ですが、時間が経つにつれて胸がやわらかくなり、痛みもそれほど感じなくなりました。助産師さんに乳首をつままれると、水鉄砲のようにピュッピュッと母乳が吹き出し、顔にかかるほどの母乳が出てきました。

授乳指導!自己流マッサージの必要なし

マッサージが終わったあとは、実際に赤ちゃんに授乳している姿を見てもらいました。すると、それまでの私の授乳の姿勢、赤ちゃんの抱き方では、乳首を深くくわえられず、母乳がうまく吸えないと指導されました。改めて、正しい姿勢や抱き方などを教わることができました。


また、私が今までしていた自己流のマッサージは、乳腺を痛めてしまう恐れがあるそうで必要ないということでした。


母乳の悩みは多くのママが経験することだと思います。母乳不足、母乳が出すぎる、乳腺のトラブル、断乳など、悩みもさまざま。母乳外来で適切な処置をしてもらって、うまく乗り越えていきたいですね。

著者:上原りな

一児(女の子)の母。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。趣味は、手芸、映画鑑賞、ネットサーフィン。


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP