メディア個別 ごめんね…仕事復帰後、子どもに申し訳ないと思い続けたころ【体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ごめんね…仕事復帰後、子どもに申し訳ないと思い続けたころ【体験談】 

ごめんね…仕事復帰後、子どもに申し訳ないと思い続けたころ【体験談】
~ベビーカレンダー~

結婚し、子育てをしながら働いていると、ふと自分の働き方に疑問を持つことは少なくありません。そんな疑問に向き合って働き方を変えることで、自分も家族も以前より楽しく暮らせるようになった、というママの体験談をご紹介します。

娘が1歳半のときに職場へ復帰し、家事・育児・仕事のバランスに悩む日々が始まりました。復職後3年で私が決断したのは“転職”。子どもに「ごめんね」と思わずに働けるようになるまでのことをお話します。

念願の職場復帰!でも何か違う……

大卒で入社した会社に、出産後1年半で正社員として復帰した私。当時1歳半だった娘は、月一ペースで高熱を出し、いったん熱を出すと1週間は下がらないということが少なくありませんでした。


短時間勤務で復帰前のように働けないうえに、たびたび休まなければならない日々。娘が熱を出すと心配しているのですが、会社にも申し訳なく思っていました。体調を崩している娘を目の前に、仕事の心配をしている自分に疑問を持った私。もし自分が娘だったら、体調が悪い自分が目の前にいるのに、ママが仕事のことばかり考えていると知ったら傷つくだろうな、と考えさせられました。

働き方について、改めて考える日々

入社後、まだ結婚もしてないうちから、会社の先輩からしきりに言われてきた言葉がありました。「せっかく大卒で正社員になったんだから、結婚しても出産しても辞めたらダメだよ! もったいない!」「結婚や出産でいったん仕事を離れてしまうと、今みたいにいい条件では働けないと思っておいたほうがいいよ」という内容。たしかにそうだなと思った私は、その言葉を鵜呑みにしたまま結婚・出産し、当然のように復帰しました。


仕事は嫌いではなかったけれど、妻となり母となるなかで、現行の働き方に疑問を抱くように。しかし、「辞めたら今のような条件では働けなくなる」という先輩からの言葉が、思考を停止させていました。娘は元気に保育園生活を送りながらも、時折風邪をこじらせて入院することがありました。娘が入院しても、パパと交代で会社と家と病院を行ったり来たり。ついには私自身も体調を崩してしまいました。

自分のベストバランスを見つける

何度も浮かんでは消えた、“仕事を変える”という選択肢。入院中、娘が眠るベッドサイドで改めて自分がどう人生を歩みたいのか考えてみました。仕事はしていたいけど、今の会社での働き方には限界を感じているのも事実。もっとスケジューリングの自由度が高く、娘が私を必要としているときには応じられる働き方がしたいと強く思いました。娘に「ごめんね」と思うことなく誇れる仕事は何か? 果たしてそんな仕事はあるのか? 試行錯誤する日々は続きました。


ある日、新聞の求人欄でライター募集の記事を偶然見つけ、とりあえず話だけでも聞いてみようと説明会に参加。スケジューリングや仕事のボリュームを自分で管理でき、昔から大好きだった“書くこと”を仕事にできる、私にとっては願ってもない仕事だということに気づき、ついに転職を決意しました。社会人になって以来、ずっと言われ続けた“いい条件”で働くこと。その“いい条件”とは、ライフステージとともに常に変化するもので、何が自分にとって“いい条件”かは、自分で決めるものなんだと強く思いました。


転職後は子育て中の同僚に恵まれ、自分の特技を仕事にできたことで仕事に対する気持ちも変化。娘への罪悪感もなくなっていきました。きっかけは、今の自分の生活に疑問を感じたこと。思い切ってその根本に向き合い、自身でも気づけずにいる本音を探ってみることで、自分も家族もより幸せな毎日が送れるようになりました。

著者:金谷ともみ

第2子妊娠中、5歳の娘の母。働きながら結婚、出産、産休育休を経て復帰、マイホーム購入などを経験。よりフレキシブルな働き方を求めて、ライターに転向。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP