メディア個別 ベビー時代にしておけばよかった!後悔しがちな3つのこと | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ベビー時代にしておけばよかった!後悔しがちな3つのこと 

ベビー時代にしておけばよかった!後悔しがちな3つのこと
~ベビーカレンダー~

この記事では、先輩ママたちが「ベビー時代にこれをしておけばよかった!」と後悔しがちな3つのことを紹介しています。多く聞かれるのは、「動画」を残すこと、意識して家族写真を残しておくこと、育児日記をつけることなのだそうです。

子どもの成長は早いとよくいうけれど、とくにベビー時代というのはあっという間に過ぎていくもの。気付いたら、歩くようになり言葉をしゃべり、赤ちゃんではなくなってしまいます。先輩ママたちが「ベビー時代にこれをしておけばよかった!」と後悔しがちな3つのことをご紹介します。

1)動画を撮っておく


ベビー時代は毎日、赤ちゃんのお世話で手いっぱい。泣いている赤ちゃんをあやし、おむつを替え、ミルクや離乳食をあげて、ホッとひと息つけるのは赤ちゃんが眠っている間くらい。


写真であればほんの一瞬の表情をおさめることができますが、ゆっくりビデオを向けている時間はなかなか取れません。だけど、ベビー時代こそ「動画」を残してほしい。「写真はたくさんあるのに動いている赤ちゃんの姿がほとんどない」と後悔している先輩ママが意外と多いです。

2)家族写真を残す


赤ちゃん自身の写真はたくさんあっても、パパやママと写っている写真は意外と少なくありませんか? とくに、ママがカメラマン役をすることが多いと、ママと赤ちゃんが一緒の写真はほとんどなかったりするので、パパにお願いして赤ちゃんとのツーショットを撮ってもらいたいですね。


「赤ちゃんが生まれてから、毎月同じ場所で家族揃って写真を撮っている」という人もいます。そこまでするのは大変ですが、ベビー時代こそ意識して家族写真を残しておくと、いつかいい思い出になること間違いなしです。

3)育児日記をつける


赤ちゃんは本当に成長のスピードが早く、毎日新しい発見がいっぱい。だけど、時間が経ってしまうと、「初めて寝返りしたのっていつだっけ?」「あのころってどれくらいミルクを飲んだんだっけ?」など、記憶は薄れてしまいがち。


新しいことを初めてできた日、ママが感動したことや悩んでいること、おっぱいの回数やおむつ替えのことなど、ちょっとした出来事も記録しておくと、いつか懐かしく振り返ることができます。最近はアプリも人気ですが、サービスが終了してしまう可能性もあるので、ずっと長く手元で残しておきたいならノートや日記帳など、文字で記録するタイプのほうがおすすめです。


ベビー時代は、長い子育て人生から見たらほんの一瞬のこと。後悔のないように“今”を残しておけたらいいですね。

著者:妹尾香雪

女性誌・書籍・WEBなどで、女性のライフスタイルについて執筆。プライベートでは一児の母として子育ての真っ只中。ワーキングマザーとして自身の育児体験に基づいた記事を提供している。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP