メディア個別 ママが大好きすぎて!わが家の困った男の子あるある【ママの体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママが大好きすぎて!わが家の困った男の子あるある【ママの体験談】 

ママが大好きすぎて!わが家の困った男の子あるある【ママの体験談】
~ベビーカレンダー~

この記事では、ママが困ってしまったという男の子あるあるについて紹介しています。当時1歳だった息子さんは、何をするにもママでなきゃイヤ! 状態だったそう。おっぱいが大好きで泣き虫でこわがりさんだったそうです。

筆者の待望の第一子は男の子。男の子を希望していたのでうれしくてたまりませんでした。なぜなら「男の子はママが大好きで甘えん坊」というイメージを持っていたからです。ところが、現実は甘いものではありませんでした。今回は、子育てを通して感じた、困った男の子あるあるをお伝えします!

何をするにも「ママじゃなきゃイヤ!」

当時1歳だった息子は、何をするにも「ママじゃなきゃイヤ!」状態。たとえばお風呂では、夫が一緒に入ろうとすると「ママじゃなきゃイヤ」とばかりにギャン泣きです。さらには、ベビーカーをパパが押すと拒絶します。抱っこや一緒に寝るのもママ限定!


なんだか夫もかわいそうになりましたが、私としても息子が放つ愛が大きすぎて、ときにはしんどいことも。男の子はママが大好きで甘えん坊というイメージを持っていましたが、息子の場合はぴったり当てはまりました。

抱っこをするとおっぱいにタッチ!

息子を抱っこすると、よく私の服のなかに手を入れておっぱいを触ってきました。外出中などはやめさせようとするのですが、また手が伸びてきます。おっぱいを触りながらスヤスヤ眠ることも!


おっぱいだけでなく、二の腕などの脂肪がついた部位もよく指でつねってきましたね。つねられたところが赤くなり、周囲に「虫刺され?」なんて言われたことも。娘は、息子ほど触ってこなかったので、これも男の子あるあるかなと感じています。

泣き虫でこわがりさん!

ひとりでトイレに行けない。おばけが出てきそう。息子は現在6歳ですが、昔からこわがりです。部屋でひとりにされると、「こわいから誰か来て!」と訴えてきます。それに比べて、娘は肝が据わっています。


娘はひとりでトイレに行くうえに、誰かと一緒でなきゃダメということがありません。また、親に怒られてすぐ泣くのは息子です。ふだんは大きな態度をとっているのに、感情の変化が激しい! これらも男の子の特徴なのかなと感じています。


みなさんのご家庭でも、困った男の子あるあるはありますか? 男女の違いっておもしろいですよね。息子は生まれたときから現在もママ一筋です。私の人生のなかで、ここまで愛してくれる人はいない。そう思うと幸せなことですね。

著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP