メディア個別 【チョコ好き必見】ローソンの新作スイーツ2品を食べてみた! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【チョコ好き必見】ローソンの新作スイーツ2品を食べてみた!

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
本格的なスイーツが手軽に楽しめるとあって、高い人気を誇るローソンのスイーツブランド「ウチカフェ」。ほぼ毎週、新商品が登場するので欠かさずチェックしているのですが、チョコ好きとしては見逃せないスイーツを発見しました!

【チョコ好き必見】ローソンの新作スイーツ2品を食べてみた!

“チョコ好き必見”のスイーツというのは、2018年8月10日(金)に発売された「20層のチョコミルクレープ」(税込300円)と「グランデクレール(2層のチョコクリーム) 」(税込435円)の2つ。最近は、どのコンビニでもチョコミント味のリリースラッシュだったので、チョコレートが主役の新商品はちょっと新鮮です。さっそく食べてみることにしました!

折り重なる層が美しい! 食感も楽しい「チョコミルクレープ」

【チョコ好き必見】ローソンの新作スイーツ2品を食べてみた!

「20層のチョコミルクレープ」は、低温で焼かれたしっとり感のある薄いクレープ生地と、濃厚なチョコクリームを20層まで重ね合わせているのだそう。現在ローソンでは、2個入りのミルクレープも販売しているのですが、そちらは10層。層が倍になっているということは、つまり、さらに薄く焼かれた生地が丁寧に重ね合わせられているということ? これは期待できます!

フォークを入れると、20もの層を断つ感触が気持ちよく、断面もきれいです。食べてみると、しっとりとしたクレープ生地に、なめらかなチョコクリームが見事にマッチ! チョコクリームは適度な甘さで、カカオのコクが味わいに奥行きをもたせています。

またクレープ生地の厚さもちょうどよく、口の中でも一つひとつの層をしっかりと感じることができ、食感も楽しめます。やや大きめなサイズ感だったものの、あまりのおいしさにペロリと完食! 全体的に上品な味にまとまっているので、大人の“プチご褒美スイーツ”としてぴったりです。

ボリューム満点!チョコクリームずっしりな「エクレア」

【チョコ好き必見】ローソンの新作スイーツ2品を食べてみた!

フランス語で大きなエクレアを意味する「グランデクレール」。同商品はその名のとおり、インパクトのある大きさで、一般的なエクレアに比べて高さもあり、その形はまるでシュークリームのよう。北海道産生クリーム入りの生チョコクリームと、ミルク感のあるチョコクリームの2層仕立てで、どちらもベルギー産カカオマス入りとのこと。表面には砕いたアーモンドが散りばめられています。

まず持ち上げてみると、ズシリとした重さにびっくり。中身が気になり切ってみると、チョコクリームがすきまなく入っていました。さっそく食べてみると、口の中にはほんのりビターなチョコクリームがいっぱいに広がり、アーモンドのザクザクとした食感が良いアクセントに。シュー生地は軽い食感で、存在感はやや薄め。そのため、チョコクリームは濃厚でおいしいものの、ひと口噛むと横からむにゅっと溢れ出てきてしまいます。シュー生地とチョコクリームの存在感のバランスがもう少し取れていれば…というのが、ホンネです。

あまりのボリュームに、今回は途中でギブアップ。1度に食べきることができず、2回に分けていただきました。

ちなみに「20層のチョコミルクレープ」は413kcal、「グランデクレール(2層のチョコクリーム)」は614kcalとどちらもカロリーは少々お高め。とことんチョコレートを堪能できるスイーツをお探しの方は、ぜひローソンをチェックしてみてくださいね。

(文・古川晶子/ディライトフル)

あなたにおすすめ