メディア個別 【無印良品】「栗グリーンティー」が香りと味のギャップで混乱させてくる | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【無印良品】「栗グリーンティー」が香りと味のギャップで混乱させてくる

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
家電や衣類、日用品、食品など、幅広いアイテムを取り扱う「無印良品」。特に食品については、本格的なレトルトやお茶・お菓子の幅広いバリエーションが魅力的ですよね。そんな無印良品で人気のグリーンティーに、2つの新たなフレーバーが仲間入りしました。

【無印良品】「栗グリーンティー」が香りと味のギャップで混乱させてくる

新フレーバーは「栗」と「柚子」

無印良品のグリーンティーといえば、アップルやレモングラス、ジンジャー、ルイボス、グレープフルーツなど、ほかにはないようなフレーバーがたくさん。1つに10袋分のティーバッグが入っていて、価格は税込390円。その手軽さから、人気を博しています。

そんなグリーンティーシリーズに新たに仲間入りしたのが、「栗グリーンティー」と「柚子グリーンティー」(いずれも税込390円)の2つ。

「栗グリーンティー」は、ほんのり甘い栗の香りに、まろやかな味わいが特徴。「柚子グリーンティー」は、爽やかな柚子の香りが特徴の商品です。

この2つのうち、今回は、「栗グリーンティー」を購入。実際に飲んでみました。

香りは「栗」で味は…?

商品の裏面に記載されている通り、ティーバッグ1つにつき、140mlのお湯を注ぎます。見た目は緑で、まさしく緑茶そのもの。ただ、商品のパッケージを開けた瞬間やお湯を注ぐ瞬間には、栗の香りをとっても強く感じ、なんだか不思議な感覚に。

1分ほど放置し、色が濃くなってきたところで飲んでみると、味はまろやかな緑茶。一瞬栗の味がするようにも感じるのですが、それはきっと栗の香りが強いからかも…?

香りは栗なのに、味は緑茶ということで、飲んだ後ちょっと混乱してしまいました…。

じつは、以前同じシリーズの「白桃グリーンティー」を飲んだ時と感覚は似ていて、香りは桃なのに味は緑茶で、驚いた経験があります。もしかしたら、このシリーズは香りを楽しむものなのかもしれませんね。

ただ、緑茶として考えても、それはそれでおいしいので、試してみる価値はあり! 無印良品に行ったときには、ぜひ手にとってみてください。
(文・三軒茶屋すみ子/考務店)

あなたにおすすめ