メディア個別 セリア「くるりんカッター」で野菜をらせん状に切ってみた | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

セリア「くるりんカッター」で野菜をらせん状に切ってみた
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

豊富な商品を取りそろえる100円ショップは、アイテムの便利さもさることながら、店内を見て回る楽しさも魅力のひとつですよね。先日、歩いている途中にセリアを見つけ、何気なく店内をのぞいてみたところ、面白い商品を発見したので紹介します!

セリア「くるりんカッター」を使えばいつもの料理がランクアップ!
 

「くるりんカッター」

筆者が発見したのは、「くるりんカッター」(小久保工業所、税込108円)というもの。刺して回すだけで、食材をらせん状にカットすることができるスグレモノなんです。「らせん状にカット」というのがピンと来ない人は、お祭りの屋台などで売っている「トルネードポテト」をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

じゃがいもはもちろん、きゅうりや大根などもらせん状にカットできるとのこと。本当にそんな簡単にできるのか、実際に使って検証してみました。

らせん状にはできたけど…

今回は、きゅうりとじゃがいもで、それぞれ使い心地はどうかを調べてみることに。まずは、きゅうりでやってみました。
セリア「くるりんカッター」を使えばいつもの料理がランクアップ!
 
きゅうりのヘタを切り落とし、中央に「くるりんカッター」のらせん部分を根元まで差し込む。
セリア「くるりんカッター」を使えばいつもの料理がランクアップ!
 
そして、ハンドル部分をつかみながら、時計まわりにゆっくりと回していく。裏面に記載されている手順通りにやってみると、きちんとらせん状に切れている!
セリア「くるりんカッター」を使えばいつもの料理がランクアップ!
 
しかし、3分の1くらいまで進んだところで、下記の写真のように裂けてしまい、失敗…。
セリア「くるりんカッター」を使えばいつもの料理がランクアップ!
 
はじめにらせん部分を差し込む際、自分ではまっすぐにしているつもりでも、曲がってしまっていたようです。そのため、きゅうりのような細長い食材は、あらかじめ3分の1くらいに切ってからやると上手くいきやすいかもしれません。

続いて、じゃがいもで検証。きゅうりと同じく、中央にらせん部分を入れ、時計まわりに回していくと…?
セリア「くるりんカッター」を使えばいつもの料理がランクアップ!
 
できてる!

個人的には、きゅうりよりもじゃがいものほうが、断然やりやすかった印象です。ただ、残りが少なくなってくると、支える部分もどんどん小さくなってしまうので、一番下までやり切ることはできませんでした。

実際に使ってみて、多少の不満はあるものの、想像以上にキレイにできていて、あらためて100円アイテムの優秀さを実感。らせん状にカットした野菜たちは、先述のトルネードポテトを作ったり、サラダに入れたりすれば、見た目がいつもより華やかになりますよね。使い方も簡単で、時間もそんなにかからないので、気になる方はぜひお試しあれ。
(文・三軒茶屋すみ子/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP