メディア個別 生後11~12カ月の赤ちゃんの発達とふれあい方を保育士が教えます! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
生後11~12カ月の赤ちゃんの発達とふれあい方を保育士が教えます! 

生後11~12カ月の赤ちゃんの発達とふれあい方を保育士が教えます!
~ベビーカレンダー~

この記事では、保育士の中田馨さんが生後11~12カ月の赤ちゃんの発達についてお話します。このころの赤ちゃん、大人の真似を始めます。言葉をまねてみたり、大人のすることをじっと見て大人の触っているものを触りたがります。例えば、ママのカバンの中からお財布を取り出し開けてみたりすることもあるので注意しましょう。

こんにちは、保育士の中田馨です。今日は、生後11カ月から12カ月の赤ちゃんの発達とふれあい方についてお話します。このころの赤ちゃん、大人の真似を始めます。言葉をまねてみたり、大人のすることをじっと見て大人の触っているものを触りたがります。たとえば、ママのカバンの中からお財布を取り出し開けてみたりすることもありますね。

生後11~12カ月の赤ちゃんの特徴

この時期の赤ちゃんは起きている時間が長くなってきて、お昼寝が2回から1回になる子もいます。無理に1回にすることはないので2回寝る子は引き続きそのまま2回お昼寝しましょうね。生活リズムがかなり規則正しくなってきます。生活習慣をつけていきたいので、赤ちゃんが寝る時間は部屋の明かりを暗く、TVなどの音はオフにしましょう。

体の発達

伝え歩きやたっちができる子が増えます。歩き始める子もいますが、歩くのは個人差がありますので、その子その子の成長を見守ってあげましょう。歩く前のハイハイ時期にたくさんハイハイをさせてあげましょう。


ハイハイすることで、赤ちゃんの腕や足、腹筋、背筋などは鍛えられ、歩くための体づくりの準備をします。ハイハイをしっかりすると安定して歩けることにもつながりますよ。 指に力を入れることができるようになってきます。


最初にお話したようにお財布を開けてみたり、簡単なフタなら開けることもできます。リモコンのボタンを押そうとする子や、コップを自分で持とうとする子もいます。

心の発達

ぐずったり、自己主張が強くなったりしてくる時期です。大人の言うことを理解し始め、指差しもはじめます。赤ちゃんが「あっ、あっ」と指差しをしたら「車だね」「猫だね」など、赤ちゃんが指さしたものの名前を言いながら触れ合ってみてくださいね。そんな日々のふれあいが言葉を知るきっかけになりますよ。

生後11~12カ月の赤ちゃんのふれあい遊び

「ちょうだい」「ありがとう」

言葉の理解をしはじめる赤ちゃんが楽しめる遊びです。おもちゃなどをもって「ちょうだい」「ありがとう」を繰り返しおこないます。赤ちゃんはこの遊びが大好きなので、始めたらきっとエンドレスですよ!

絵本の読み聞かせ

絵本に興味を持ち始めます。絵本を一緒に読むと、赤ちゃんが一方的にページをめくって終了することもあると思いますが、それはそれでOKです。また、物語をきっちり読むのではなく、柄を見て「ちょうちょ」「りんご」など、指さしながら読んでもOKです。きっちり読むことだけが絵本の読み方ではないので、まずは絵本にふれあいことからスタートしてみてくださいね。


1歳の誕生日を迎えるこの時期。いろいろなことができるようになります。赤ちゃんの成長を感じることは、楽しく幸せなことですね。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事・保育士 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP