メディア個別 立ち会い出産で役に立ちたい!夫の私が準備したこと【パパの体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
立ち会い出産で役に立ちたい!夫の私が準備したこと【パパの体験談】 

立ち会い出産で役に立ちたい!夫の私が準備したこと【パパの体験談】
~ベビーカレンダー~

立ち会い出産を希望する夫婦は多いそうですが、いざ出産のときの夫のサポートに不満の声もちらほら。「出産は妻だけの仕事ではない」と考えた夫が事前に準備したことや、当日の行動について、体験談を紹介しています。

妻の妊娠を知った日から、私は「出産には必ず立ち会いたい」と熱望していました。でも、いざというときに分娩室でオロオロしてしまっては、妻に不安を与えるどころか、出産の邪魔になってしまう恐れも……。妻を失望させないために、私が立ち会い出産の前におこなった準備についてお話しします。

ラマーズ法を完璧にマスター

妻も私も自然分娩を望んでいたので、陣痛の間隔に合わせたラマーズ法を、妻と一緒に何度も繰り返し練習しました。また、いきむときの注意点についても夫婦で何度も確認し、しっかりとマスター。


本番では、陣痛と出産の痛さに耐えることで精いっぱいの妻の耳元で声をかけて、しっかりとサポートすることができました。

腰痛マッサージの練習

陣痛時の腰のマッサージ方法が書かれたプリントを事前に産院からいただいていたので、それを参考に出産予定日の数日前から練習を始めました。いつもはひどい腰痛持ちの私を気遣い、妻がマッサージをしてくれていました。その恩返しのつもりで、このときばかりは汗が噴き出るほど練習しました。


本番では練習以上の力を発揮することができ、妻も満足気。私自身、腰痛のつらさが分かるだけに、妻の「あ~楽になったぁ~」という声を聞いてホッとしました。

妻と一緒に出産・入院の備品を準備

いざ陣痛が始まってクリニックに駆け込んだあと、私が妻に代わって備品のあれこれを取り出すことができれば妻も助かるはず。そうイメージした私は、入院時に持参しなければならない備品を、妻と一緒にしました。


そして出産予定日前日の深夜、いきなり自宅で破水し、間隔の短い陣痛が始まるといった予期せぬ事態が。しかし、準備を妻任せにしていなかったので、当日は助産師や看護師に私が備品を渡すことができました。


出産は妻と赤ちゃんだけの一大事ではなく、夫にとっても一世一代の大事なイベント。「何とかなるさ」と高を括って「何とかならない」のが世の常。パパとママが一緒に楽しみながら準備することで、より大きな感動が得られると思います!

著者:富士山ひでのり

1男1女の新米パパ。ベトナム人女性との国際結婚。会社員として勤めるかたわら、家事や育児に関する体験談を執筆中。特技は、即興の物語で子どもを寝かせつけること。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP