メディア個別 早産の赤ちゃんは小食?離乳食をしっかり食べるようになるまで【体験談】 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
早産の赤ちゃんは小食?離乳食をしっかり食べるようになるまで【体験談】 

早産の赤ちゃんは小食?離乳食をしっかり食べるようになるまで【体験談】
~ベビーカレンダー~

赤ちゃんの食が細く、悩むママもいるのではないでしょうか?特に少し早く生まれた赤ちゃんを持つママは、「早く成長してほしいのに食べてくれない」と、悩んでいるかもしれません。これは、早産で離乳食が進まず悩んだママの体験談です。

わが家の三女は28週の早産でした。出産予定日を基準にして発達をみる、“修正月齢”で育児をしています。離乳食は生後8カ月(修正月齢5カ月半)でスタートしましたが、なかなか食べてくれず、悩みは尽きませんでした。離乳食を食べなかった娘が、その後どのようにして食べるようになったか、お話ししたいと思います。

離乳食スタート!しかし

娘は在胎28週の早産だったため、1歳になるまでは出産した総合病院で毎月フォローアップ健診を受けていました。生後7カ月(修正月齢4カ月)の健診のときに、担当医から「そろそろ離乳食をあげてみて」と言われ、生後8カ月(修正月齢5カ月)で離乳食を始めてみることに。


離乳食を始める前にスプーンを口に入れてみたり持たせてみたりすると、興味はあるようで、口をもぐもぐ動かす娘。最初のひと口は問題なく食べたように見えましたが、その翌日は食べたがらず……。まだ少し早かったかなと思い、1週間、離乳食をお休みし、その後再び離乳食をあげてみました。しかし、食べないどころか口も開けてくれず、食の細い子なのかなと思っていました。

離乳食は進まず時間ばかり過ぎていく

離乳食開始から1カ月経過しても、娘の離乳食は進みませんでした。おかゆだけでなくパン粥にしてみたり、かぼちゃを混ぜてみたりと、いろいろ試してみましたが、「これなら食べる!」というものがないまま時間ばかりが過ぎていきます。


生後9カ月(修正月齢7カ月)のフォローアップ健診で、担当医師に離乳食が進まないことを相談してみると、「早産の赤ちゃんは食べないことも多いですよ。私たちにも原因は分からないのですが……」と言われました。うちの子だけではないと思って安心する反面、どうしたらいいのか分からず焦りばかりが募る日々。


離乳食はあまり進まないままでしたが、時期に合わせて2回食、3回食と回数は増やして食べることに慣れるようにしていました。うどんやバナナ、豆腐など赤ちゃんが好きそうな食材をやっと食べだしたのが生後9カ月(修正月齢7カ月)の終わりごろ。少しずつ食べられる食材は増えていきましたが、いつも少量でした。

シチュエーションが変わると食べるかも!

生後11カ月(修正月齢9カ月)のとき、親戚の集まりがあったためちゃぶ台でごはんを食べると、いつもよりよく食べてくれました。いつもはハイチェアか膝の上で食べていましたが、ちゃぶ台だとつかまり立ちしながら食べられるのが良かったのかもしれません。


自宅では、上のお姉ちゃんに食べるフリをしてもらったり、ぬいぐるみに食べさせるフリをしたりすると、つられて口を開けることも。「シチュエーションが変わると食べるんだ!」と、気付きました。


1歳2カ月(修正月齢1歳)を過ぎたころ、私が白米を食べていると欲しそうに見つめる三女。あげてみると、パクパク食べだしました。娘の場合、お粥や離乳食のべったりとした食感が苦手だったのかもしれません。


早産だったため、早く体重を増やして正期産の子に追いついてほしい、離乳食をしっかり食べてほしいと思い、焦っていました。いつになったら食べてくれるのだろうと悩む日々でしたが、早産児はすぐに追いつく子、少ししてから追いつく子、ずっと追いつかないままの子の3パターンがあるようです。ゆっくりでも、その子に合ったペースで進めていくのがいちばんだと思います。

著者:小林更紗

中1・小4・2歳の三姉妹の母。通関士資格保有。長女が小学生になるタイミングで、勤めていた通関業者を退職。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP