メディア個別 「野菜だしの作り方と活用方法」を離乳食インストラクターが教えます! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
「野菜だしの作り方と活用方法」を離乳食インストラクターが教えます! 

「野菜だしの作り方と活用方法」を離乳食インストラクターが教えます!
~ベビーカレンダー~

この記事では、離乳食インストラクターの中田馨さんが野菜だしについてお話します。まずは、野菜だしの作り方と保存方法。そのあと、各月齢に合わせたレシピもご紹介します。野菜だしは、野菜だけのシンプルなだしですが、そのシンプルさで食材そのものの味を楽しむことができます。

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食に使えるだしはいろいろありますが、今日は、生後5~6カ月ごろ(離乳食初期)から赤ちゃんが食べられる「野菜だし」の作り方とそのレシピを紹介しますね。

野菜だしはいつから取り入れられる?作り方は?

離乳食はまずおかゆから始めますが、おかゆに食べ慣れ、野菜にもチャレンジして食べ慣れてきてから、野菜だしも取り入れてみましょう。

材料

キャベツ:30g

玉ねぎ:30g

にんじん:30g

昆布:10g

水:1L

作り方

1. 水、昆布、野菜を鍋に入れ、フタをして弱火で60分煮る

2. こし網でこして完成!


この野菜だしにささみを入れると「ささみだし」になります。ささみだしは生後7~8カ月ごろ(離乳食中期)から使えます。

野菜だしの保存方法

野菜だしを多めに作ると保存が必要になりますね。保存するときは、「粗熱が取れたら密封容器に入れること」「1週間で使い切ること」を守ってください。また、離乳食に使うだしなので、清潔な冷凍庫に保存することも大切ですね。

野菜だしを使った離乳食レシピ

生後5~6カ月ごろ(離乳食初期)「かぶの野菜だし煮」

かぶのうま味がシンプルにおいしいメニューです。


<材料>

かぶ ……10g

野菜だし ……100ml


<作り方>

下準備

・かぶを煮やすい大きさに切る


1.野菜だしでかぶを煮る

2.煮たかぶを裏ごしして、だしを加えてなめらかにする

生後7~8カ月ごろ(離乳食中期)「野菜だしのささみうどん」

野菜だしに鶏のささみを加えることで、さらにうまみがアップします!


<材料>

うどん ……50~60g

鶏ささみ ……10g

にんじん ……10g

小松菜(葉)……5g

野菜だし ……150~200ml


<作り方>

下準備

・うどんは下茹でしてみじん切りにする

・鶏ささみは筋をとる

・にんじん、小松菜は煮やすい大きさに切る


1.野菜だしでにんじん、小松菜・鶏ささみの順に煮る

2.1をみじん切りにする

3.鍋にうどんと2を入れ、さらにやわらかくなるまで煮る

生後9〜11カ月ごろ(離乳食後期)/1歳〜1歳6カ月ごろ(離乳食完了期)「トマトスープ」

トマトを加えるだけのシンプルなレシピです。


<材料>

トマト ……15g

野菜だし ……100ml

しょう油 ……0.5ml


<作り方>

下準備

・トマトは熱湯に入れて皮と種を取って5mmに切る


1.野菜だしでトマトを煮る

2.しょう油で風味をつける


野菜だしはシンプルなだしですが、そのシンプルさで食材そのものの味を楽しむことができます。離乳食に使うだしの定番のひとつにしてみてくださいね!

著者:離乳食インストラクター協会代表理事・保育士 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP