メディア個別 「赤ちゃんの体重が気になるときの6つのポイント」を保育士が伝授します | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
「赤ちゃんの体重が気になるときの6つのポイント」を保育士が伝授します 

「赤ちゃんの体重が気になるときの6つのポイント」を保育士が伝授します
~ベビーカレンダー~

この記事では、保育士の中田馨さんが月齢の目安よりも小さめの赤ちゃんのママへ伝えたいことをまとめています。お友だちと自分の子を比べるのはやめ、自分の子をみて、その子なりに成長していれば大丈夫です。

こんにちは、保育士の中田馨です。今日は、実際に保育所の保護者に受けた質問です。「先生。同じ月齢の友人の子たちよりも体重が少ないんです。大丈夫でしょうか?」


近くに同じ月齢のお友だちがいると、いろいろとお話ができて心強い反面、自分の子と比べてしまい、不安になってしまうこともありますよね。私もそうでした。そんな不安を感じたときにどうすればいいかをお話ししますね。

お友だちよりも自分の子を見て

私は保育士をしているので「個々それぞれ発達は違う。育児書通りにはいかない」ということはわかっていながらも、自分の子どものことになると「本当に大丈夫かな?」と思ってしまいました。


これは子育てが続く限り多かれ少なかれ、親は感じることかもしれません。大切なのは「お友だちよりも自分の子を見て」ということ。自分の子が今どのような発達をしているかを見てあげましょう。

体重が気になるときの6つのポイント

「体重が少なめかな?」と心配になったときに、チェックするポイントがあります。

体重は増えている?

赤ちゃんの体重が増えているかを確認しましょう。その子なりに増えていれば大丈夫です。ただ、1歳過ぎると体重の増えは徐々に緩やかになります。活動量が増えると体重が緩やかになることもあるうえに、身長がグーンと伸びる時期は体重が横ばいのときもあります。また、病気をしたときは一時的に体重が減ることがあります。そのように赤ちゃんの成長を全体的に見ることも必要です。

母乳やミルクは飲んでいる?離乳食は食べている?

母乳やミルクは飲んでいますか? 離乳食は食べていますか? 特に離乳食を始めたころは、離乳食が進まなくても、母乳やミルクを飲めていればしばらく様子を見ていても大丈夫です。

たくさん活動してる?

元気に遊んでいますか?遊んでいる姿を見守ってみましょう。

機嫌はいい?

毎日機嫌よく生活していますか。体重が少なくても機嫌よく過ごせていることが大事です。

顔色、表情はいい?

顔色や表情はどうですか? 普段と変わりないですか?

成長曲線を確認

母子手帳にある成長曲線を確認してみましょう。身長と体重のバランスはどうですか? その子なりに増えていれば大丈夫です。


赤ちゃんの様子を見ながら、心配なときは、かかりつけのお医者さんに相談してみてくださいね。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP