メディア個別 「あえて言うならあの時に」脱力系ゆる育児日記第209話 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
「あえて言うならあの時に」脱力系ゆる育児日記第209話 

「あえて言うならあの時に」脱力系ゆる育児日記第209話
~ベビーカレンダー~

イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第209話。いつになったら普通に寝られるようになるのか。やましたさんの場合、ある方法を実行に移した時だったそうです。

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。


208話でいつになったら眠れるか?という疑問に「赤ちゃんによる」という答えを見出した私でしたが、私個人の経験として、あえて、あ〜え〜て、言うならいつだったのかという話を描かせて頂きたいと思います。


私が楽になったのは、とある方法を実行に移した時でした。

楽っていうか「劇的に楽」になりました。と言っても出産前最高にしんどかった時よりも、まだまだ全然しんどかったけど。

その方法とは……



チャラララッチャーララーン(ドラクエのレベルアップ音)


THE★添い乳〜


首がすわった生後半年くらいに添い乳をはじめてから、劇的に楽になりました。


ちなみに全然関係無い話ですが……私が出産前に最高にしんどかったのは、中学生の時、陸上部の合宿で信じられない距離の信じられない傾斜の坂道をダッシュするメニューを5本ぐらいやらされた時だったのではないかと思います。


もう無理!と手を抜こうをした瞬間、鬼顧問が仁王立ちしてこっちをにらみつけていたので手を抜けず、翌日は、ひどい筋肉痛で合宿所の和式のトイレに座ることができず、人生で2回目の立ちションをした記憶があります。※1回目は私が年少さんの時


それが人生最高にしんどかった時だったなんて、私は幸せな人生を送らせてもらったんですな。みんなありがとう♡


イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

作・イラスト:やましたともこ

高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP