メディア個別 生後9~11カ月ごろの赤ちゃんの口の発達って?保育士が教えます! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
生後9~11カ月ごろの赤ちゃんの口の発達って?保育士が教えます! 

生後9~11カ月ごろの赤ちゃんの口の発達って?保育士が教えます!
~ベビーカレンダー~

この記事では、生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の赤ちゃんの口の発達について、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが解説しています。

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食には、その時期ごとに食べられる食材の種類や固さや大きさの目安があります。今日は生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の赤ちゃんの口の発達から見る、離乳食の進め方についてお話しします。

生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の赤ちゃんの体の発達

このころの赤ちゃんは、ハイハイ、つかまり立ちができるようになってきます。興味を示したものに向かっていく姿はとてもほほえましく、赤ちゃんの成長を強く感じるところかなと思います。

生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の口の発達と離乳食の形状

生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の赤ちゃんのお口は、それまで舌を前後左右上下に動かしていたのにプラスして、上下の動きもできるようになります。口の中が少しずつ大きくなり、カミカミと口を閉じて噛む練習を始める時期です。


食べ物の大きさは5mm~7mm。おかゆは5倍がゆを目安にします。徐々に形のあるものを食べられるようになりますが、咀嚼力はまだ未熟ですので、やわらかく煮ることは引き続き続けてくださいね。

生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の食べさせ方

赤ちゃんがイスに座わって食べるようになります。生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)におすすめしたいのが「手づかみ食べ」です。自分で食べることを楽しむ意欲につながります。


この手づかみ食べをするためにも、イスに座ったときに両足が床について力が入るような状態にすることが大切です。手づかみメニュープラス、これまで通りママも食べさせるというスタイルで食べさせるといいですね。また、コップを使って水分をとれるようになるのもこの時期です。

生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の食べさせる時間

3回食になる生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の食事時間は朝・昼・夜となります。大人と同じ時間に食べるときがあってもいいですね。家族との食事を一緒にとることで、またさらに食事に興味を持つことにつながります。


ただし、夜は就寝までに時間を空けたいので、19時までに食べきるように心がけてください。

生後9~11カ月ごろ(離乳食後期)の目安量

離乳食の量は、その子その子で発達も違いますのであくまで目安です。1回の食事で、5倍がゆだと80g~90g、野菜・果物で30~40g、豆腐なら45g(肉・魚なら15g)程度を目安にしてみてください。

メニューづくりのコツ

何度もお話ししていますが、この時期は手づかみ食べを始める時期です。赤ちゃんが手づかみしやすい大きさ、素材のメニューを取り入れてください。わが家では、煮物も汁物も、手づかみメニューとして出していましたよ。


著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP