メディア個別 【売り切れ続出】ひとつはGETしておきたい!ダイソー「布団になるクッション」 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【売り切れ続出】ひとつはGETしておきたい!ダイソー「布団になるクッション」
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

急きょ、友人が止まりに来た時や子どものお昼寝用など、いつも使っている布団とは別に、もうひとつ布団があると便利ですよね。だけど、頻繁に使うものではないし、布団はかさばるから、買い置きするのも…。そんな時に便利なアイテムを、人気100円ショップ「ダイソー」で発見しました!

「布団になるクッション」

そのアイテムとは、「布団になるクッション」のこと。ダイソーで購入できます。ただし、価格は税込540円なので要注意。商品名からもわかる通り、クッションとしても使えるし、布団としても使える便利アイテムなんです!
【売り切れ続出】ひとつはGETしておきたい!ダイソー「布団になるクッション」
 
この「布団になるクッション」は、SNSを中心に話題になり、人気に火が付いたのだとか。そのあまりの人気ぶりに、現在は品切れの店舗も続出していて、入手困難といわれています。

色んなシーンで使えそう!

運がよかったのか、奇跡的に「布団になるクッション」をGETできた筆者。触り心地は、若干「かたいかなぁ…」という気がする程度で、一般的なクッションと変わりなく、ふわふわしています。クッションの端にはファスナーが付いていて、ここを開くと布団になるということのようですね。
【売り切れ続出】ひとつはGETしておきたい!ダイソー「布団になるクッション」
 
実際にファスナーを開けてみると、約170cmの男性がすっぽりと隠れてしまうほどの大きさで、思っていたよりも大きい! 冬用布団のような厚さはありませんが、春~秋にかけてなら問題なく使えそうです。ちなみに布団からクッションに戻すのも、簡単にできました。

100円の商品が大半を占めるダイソーの中では、500円は高いと感じてしまうかもしれませんが、実際に使ってみると、むしろ500円でも安いのではないかと思える便利さではないでしょうか。

メインの使い方を「布団」とするなら、クッションの状態でクローゼットに入れておけばコンパクトに収納できるし、車に積んでおけば、子どもが眠った時や車中泊になってしまった時など、“いざという時”にも役立ちそう。色んなシーンに大活躍してくれそうです。

元々、チェック柄やハーフムーン柄、トライアングル柄、クロス柄などデザインは様々あるようですが、人気商品だけにこだわっていると、チャンスを逃してしまうかも…。今や、好みのデザイン以前に「布団になるクッション」自体を見つけるのも難しいので、見つけたら“即買い”をおすすめします!
(文・奈古善晴/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP