メディア個別 「N子!病名は頭蓋骨膜洞」脱力系ゆる育児日記第213話 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
「N子!病名は頭蓋骨膜洞」脱力系ゆる育児日記第213話 

「N子!病名は頭蓋骨膜洞」脱力系ゆる育児日記第213話
~ベビーカレンダー~

イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第213話。長女N子ちゃんの後頭部にあらわれたブヨブヨのコブは「頭蓋骨膜洞」という症状だったそうです。

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。


211話で発見した長女N子のブヨブヨのコブ……。

なんやかんやで病名がはっきり確定されるまで長かったのですが、結果「頭蓋骨膜洞」という病気でした。

もしかして、ひょっとこいて(ひょっとして)N子みたいな症状の方がいたら早く知ってほしいので結果を先出しでお送りしております。


N子の場合は頭のてっぺんと後頭部あたりの2箇所で、後頭部のほうは頭蓋骨に穴が開いて血管が飛び出てる感じだそうです。頭のてっぺんは溝っぽい穴が開いてるんちゃいます? 的な感じでした。※先生が私でも分かるように噛み砕いて説明してくれた言い方なので正式な言い方ではないかもしれません。



症状としては、横になったり、暑かったり、運動したりするとブヨブヨのコブが出てきます。それ以外のときはまったくもって普通です。触ったらへこんでるけど。

212話でN子の頭をチェックしたときは、その「それ以外」の状態だったみたいです。腫瘍などと勘違いされることがあるようですが、医学的には、治療も比較的簡単で大丈夫な病気だということです。※状態によるかもしれません。


次回からはこの頭蓋骨膜洞に関するお話を思いつく限り描かせていただきたいと思います!


イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

作・イラスト:やましたともこ

高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP