メディア個別 赤ちゃんはいつごろから歩き出す?練習は必要?歩く兆しがない場合は!? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
赤ちゃんはいつごろから歩き出す?練習は必要?歩く兆しがない場合は!? 

赤ちゃんはいつごろから歩き出す?練習は必要?歩く兆しがない場合は!?
~ベビーカレンダー~

この記事では赤ちゃんが歩き出すことについて、医師監修のもと、解説します。赤ちゃんは1歳になったから歩けるというわけではなく、ハイハイやひとり立ちなどの毎日の運動で、筋力やバランス力が十分に備わって初めて歩けるようになります。

机やいすを掴んでつかまり立ちをするようになると、歩けるまでもうあと一息です。今回は赤ちゃんが歩き始める目安、歩くためには練習が必要なのか、歩き始める時期に注意したいことなどについて解説します。

赤ちゃんが歩き始めるのはいつごろ?

赤ちゃんは、1歳6カ月で90%が歩行可能となります。歩くのに必要なのは、十分な足の筋力と、直立姿勢のコントロールができることで、それらの条件が揃うのが1歳ごろとなります。


ただ、同じ1歳でも、ハイハイしている子もいれば、つかまり立ちができる子、ひとり歩きしている子もいます。個人差が大きいので、自分の子と他の子を比べることはせず、昨日やそれ以前と現在の発達を比べるようにしましょう。仰向けでばたばたするだけだったときから考えれば、短時間で素晴らしい進化を遂げていることに気付けるはずです。また、早産で生まれた赤ちゃんは生まれる予定だった日から月齢を数える修正月齢で考えます。つまり、1カ月早く生まれた場合は1歳1カ月で1歳となります。

赤ちゃんが歩くための練習は必要?

歩行器を使って歩く練習を……と思われている方もいらっしゃることでしょう。歩行器は、歩行に必要な足の筋力をつけることや、直立姿勢のコントロールができることにはあまり繋がらないため、必須な育児アイテムではありません。足を地面に付けて歩くというよりは、つま先で蹴る動作で移動できるため、ふくらはぎの筋肉がパンパンに硬くなってしまう場合があります。移動を楽しんだり、移動を経験するために使用するのには適していますが、乗せっぱなしにならないようにしましょう。歩行器の乗せっぱなしは、ふれあいの減少から母子の愛着形成に影響を及ぼしたり、おすわりやハイハイ、つかまり立ちといった成長発達を妨げる恐れがあるほか、ケガの原因になる場合もあります。

歩行の練習には、発達段階を一つひとつ踏んでいくことが一番大切です。仰向けから腹ばい、おすわり、四つ這い、膝立ち、ひとり立ちと各段階を踏んでいくごとに、歩くのに必要な筋肉やバランスが養われていきます。仰向けで足をばたばたさせる運動は、腹筋の働きを強化しています。寝返りや腹ばいは、背筋と腹筋を鍛え、バランス感覚や体重移動を覚えるのに必要です。自分で他の姿勢からおすわりをできるようになれば、姿勢の変化に体が対応できるようになっていることがわかります。ハイハイをすることによって、腕で支える能力、体幹の安定性、骨盤周りの筋力強化、手足の協調性が養われ、膝立ちによって立つための体重移動をする感覚が身につきます。つかまり立ちをすることで体重を足で支えることができるようになり、だんだん手の支えがいらなくなるまでに筋力やバランス力が発達し、つたい歩きからひとり歩きが可能になっていきます。

このように1歳になったから歩けるというわけではなく、ハイハイやひとり立ちなどの毎日の運動で、筋力やバランス力が十分に備わって初めて歩けるようになります。無理やり立たせたり、歩かせたりするのは赤ちゃんの体に負担をかけてしまうので、焦らずにその子のペースを見守っていくようにしましょう。

赤ちゃんが歩き出したら注意したいこと

国民生活センターによると、0~2歳児の中で最も事故が多いのが1歳児です。約42%を占めており、ひとりで歩けるようになって行動範囲が広がることで事故の割合が多くなっています。1歳児の事故原因の1位が階段やいすなどのからの転落、2位が転倒となっています。

実際にあった転落・転倒の事故の例としては、下記が挙げられます。

・ひとり歩きで開いていた浴室に入り、お湯が残っていた浴槽内に転落
・2階の階段に設置されたベビーゲートをガチャガチャしてるうちに、はずれて転落
・マンション2階の部屋からベランダにひとり歩きで移動し、室外機に上って転落
・ソファをつかんで、つたい歩き中に転倒
・歯ブラシを咥えたまま歩いて転倒
・ドラム式洗濯機に入り、フタを閉めて出られなくなる

軽症な場合がほとんどですが、死亡事故や後遺症の残る事故も発生しています。子どもが歩けるようになれば、それだけ危険が増すことを覚えておきましょう。子どもは思わぬタイミングや場所でケガをします。転倒・転落の危険がある場所へは入れない様に扉を閉める、ベビーゲートを設置するなどの対策を取るようにしましょう。

赤ちゃんがなかなか歩かない……何か問題があるの?

なかなか歩く兆しが見えない子に焦るママ・パパもいらっしゃることでしょう。1歳6カ月が歩行の目安となりますので、1歳6カ月健診までは様子を見ましょう。健診時に、医師の診察や保健師さんとの面談がありますので、歩行ができないようであれば、必要に応じて医療機関の受診や療育相談などを勧められます。


歩行ができない原因はさまざまで、歩行などの運動面以外の発達状態などを総合的に診察・検査してもらう必要があります。異常が見つからずに、遅いながらも歩けるようになる場合もあります。ただ、1歳6カ月過ぎで歩行を始めたお子さんは一度小児科を受診して、運動発達など、全身を診てもらうと安心です。

まとめ

赤ちゃんの発達は、目覚ましい変化の連続です。昨日できなかったことが急に今日できるようになることも多々あります。発達段階は一定のスピードで進むわけではなく、停滞するときもあればスピードアップするときもあります。いつどうなるかは誰にもわかりませんので、日々、赤ちゃんと楽しく過ごすことが一番の成長へのアプローチになることでしょう。


監修者:神奈川県立こども医療センター総合診療科部長 松井潔先生

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て、現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。


※参考:国民生活センター「発達をみながら注意したい0・1・2 歳児の事故」〈 http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20160114_1.pdf 〉

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP