メディア個別 ダイソー「花卵コロン」 を使ってゆで卵の飾り切りに挑戦! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ダイソー「花卵コロン」 を使ってゆで卵の飾り切りに挑戦!
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

最近は、キャラ弁をはじめとする可愛らしいお弁当が流行していて、SNSでも、日々のお弁当をアップしているママも多いですよね。そうしたお弁当を作る際、テクニックのひとつに「飾り切り」がありますが、実際のところ、飾り切りってそんなに簡単ではない…。そんな悩みを解消してくれそうな便利アイテムを、ダイソーで見つけました。

ダイソー「花卵コロン」 を使ってゆで卵の飾り切りに挑戦!
 

ゆでたまごの飾り切りに「花卵コロン」

その便利アイテムとは、「花卵コロン」(株式会社小久保製作所、税込108円)のことで、「ギザギザタイプ」と「ウェーブタイプ」の2種類がワンセットになっていて、切り口の模様を変えられるようになっています。裏に記載されている説明書きも、イラスト付きで分かりやすく書かれていて、しかも使い方も簡単。
ダイソー「花卵コロン」 を使ってゆで卵の飾り切りに挑戦!
 
手順は、以下の通りです。

1)卵をゆでる
2)ボウルに冷水と氷を入れ、ゆであがった卵を冷やす
3)「花卵コロン」のギザギザ部分(または、ウェーブ部分)がしっかりと卵の中心に当たるように転がせば完成!

「花卵コロン」の先端には、「顔」になる型があるので、卵の白身部分に押し込めば「ゴマポケット」も作ることができますよ。

ゆで卵はしっかりと固ゆでにする

今回、「ギザギザタイプ」を使用し、上記の手順で飾り切りに挑戦した筆者。白身部分はきちんとギザギザに切れたのですが、黄身までえぐれて、型崩れしてしまいました…。
ダイソー「花卵コロン」 を使ってゆで卵の飾り切りに挑戦!
 
おそらく、ゆで卵が固ゆでになっていなかったのが、原因かもしれません。
ちなみに、「ゴマポケット」の顔部分も挑戦しました。写真だけだとはっきり見えませんが、小さなくぼみができていて、。ゴマがあれば、簡単に顔にできそう!

「花卵コロン」は、コツを掴むのに多少時間がかかりそうだし、卵のゆで加減も考慮しなければいけません。しかし、何度か試して慣れれば、ゆで卵の飾り切りを簡単にしてくれる便利アイテムです。お近くのダイソーに立ち寄った際、ぜひチェックしてみてくださいね!
(文・宇田川エリカ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP