メディア個別 いつまでトマトの湯むきをすればいい?離乳食インストラクターが教えます | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
いつまでトマトの湯むきをすればいい?離乳食インストラクターが教えます 

いつまでトマトの湯むきをすればいい?離乳食インストラクターが教えます
~ベビーカレンダー~

この記事では、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが、トマトの湯むきの方法と、いつまで湯むきをすればいいかお伝えしています。

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食にトマトを使うとき、皮を湯むきをしますが、1歳を過ぎてカミカミできるようになっても必要? いつまでトマトの湯むきをすればいいのかな? と思うこともあると思います。そこで、今日はトマトの湯むきについてのお話します。

トマトの湯むきの基本

トマトの湯むきとは、トマトの薄皮をむくことです。


【トマトの湯むきの手順】

1. 鍋にお湯を沸かして、火を止める

2. トマトのへたをくりぬき、反対側に薄くバッテンの切り込みを入れる

3. バッテンを下にしてお湯の中に入れる

4. 薄皮にしわがより始めたらお湯からとる(目安:30秒~1分)

5. 薄皮を取る


離乳食時期は薄皮以外にトマトの種も取り除きます。トマトの種を取り除くのは、消化に悪い、酸味を軽減するといった理由があります。

いつまでトマトの湯むきをすればいい?

では、いつまでトマトの薄皮をむけばよいのでしょうか?


離乳食インストラクター協会では、1歳〜1歳6カ月ごろ(離乳食完了期)になるまでは、薄皮をむくことをおすすめしています。トマトの皮をむくと、消化しやすく飲み込みやすくなるといった点があります。トマトの皮は、大人は簡単に嚙みちぎることができますが、赤ちゃんの咀嚼力はまだまだ未熟。なかなか噛み切れずにのどに引っかけてしまうこともあります。


食べづらいと赤ちゃんがトマトへのマイナスイメージを持つこともあるかも知れません。ですので、薄皮をむいたほうが赤ちゃんも食べやすく感じます。

ミニトマトも気を付けて!

食卓の彩りとしても手軽に取り入れることができるミニトマト。でも、離乳食での与え方については、見落としがちなこともあります。


ミニトマトも皮がついたまま与えると、薄皮が噛み切れず、口の中に残ってのどに引っかけてしまうことがあります。これは幼児期になっても注意が必要です。ミニトマトも湯むきをして、食べやすい大きさにカットするようにしましょう。

幼児期に気を付けること

幼児になってトマトの湯むきをしなくなっても、食べてのどに引っかけることもあるので、トマトを小さく切るようにしましょう。とくにミニトマトは窒息の危険もあるのでカットしましょう。もし、皮つきのトマトが食べにくい、消化できずに便がやわらかくなるという場合は、再度トマトの湯むきをするといいですね。


手間のかかる湯むきですが、赤ちゃんのためにひと手間をかけてあげてくださいね。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP