メディア個別 【スマホでもっとスマートライフ入門】スマートフォンのデータ通信量を節約する3つの方法 | OZmall(オズモール) | ママテナ

【スマホでもっとスマートライフ入門】スマートフォンのデータ通信量を節約する3つの方法

第1849回 OZmall(オズモール)
動画配信サービスやSNSを見ていると、あっという間に「ギガ」不足。月末には低速になってしまう人や毎月のスマホ使用料が負担になっている人は、スマホの設定を見直すと改善するかも。ITジャーナリスト・スマホ安全アドバイザーの鈴木朋子さんが、通信データ量節約のコツをレクチャー。

設定その1:SNSで動画を自動再生させない





LINEアプリの設定画面

LINE、Instagram、Twitter、FacebookといったSNSは、人付き合いの面でも大切。ついつい眺めてしまうけれど、これがギガ不足を招いてる原因の一つに。

「最近のSNSは画像や動画、ライブ配信など、データ通信量を多く必要とするコンテンツが増えています」と、鈴木さん。

では、どうすればいい?
「動画の自動再生をオフにする、またはWi-Fiのみに設定することで、データ通信量を節約できます。動画はWi-Fi環境が整った場所でゆっくり見ることを習慣にしましょう。
自宅などのWi-Fi環境が整った場所なら、データ通信量を気にしなくてもいいですよね。動画の自動再生をオフにするには、各SNSアプリの設定で行います」(鈴木さん)

・LINEの場合は「設定」の「写真と動画」で「動画自動再生」を「Wi-Fiのみ」、または「自動再生しない」にすればOK。

・Instagramは事前の動画読み込みをしない設定があります。「設定」の「アカウント」の「モバイルデータの使用」で「データ使用料を軽減」をオン。Android版には「高画質メディア」の設定もあり、「Wi-Fiのみ」が選べます。

SNSだけでなく、YouTubeなどのアプリにも同様の設定があるので、一度各アプリの「設定」を見直してみて。



設定その2:アプリごとにモバイル回線をオフにする





iPhoneのバックグラウンド更新設定画面

スマホを使っていると、自分が今、モバイル回線を使っているのか、Wi-Fiに接続しているのかわからなくなることも。

「iPhoneはモバイル回線でデータ通信量を使い過ぎないために、モバイル回線を使わないアプリを設定しておくことができます。アプリを起動すると警告が出るので、うっかりモバイル回線を使ってしまうことがなくなります」(鈴木さん)

・iPhoneの「設定」で、「モバイルデータ通信」を開きます。モバイルデータ通信を使用するアプリをオン、Wi-Fiのみにしたいアプリはオフに。

そして、アプリに関してはもうひとつ。バックグラウンドでの更新をWi-Fiのみに絞ること。

「今開いていないアプリでも、情報を最新に保つためにバックグラウンドで通信を行っていることがあります。モバイル回線のときはバックグラウンド更新を行わないように設定しておくと、データ量の節約になります」(鈴木さん)

・iPhoneの場合は、「設定」の「一般」にある「Appのバックグラウンド更新」を開きます。まとめて設定する場合は、「Appのバックグラウンド更新」をタップして「Wi-Fi」に。アプリごとに設定したい場合は、オン/オフで設定します。

・Androidの場合は、「設定」の「アプリと通知」で設定したいアプリをタップすると、「バックグラウンドデータ」でモバイル回線の利用をオフにできます。ただし、Androidは機種によって設定個所が違うので、通信設定のあたりをチェックして。



設定その3:アップデートの自動ダウンロードをしない





自動ダウンロード設定画面(左/iPhone、右/Android)

そして、自動ダウンロードでアプリをアップデートすることもおすすめしないとか。

「アプリのアップデートはセキュリティ面でもとても重要。なるべく早めにした方がいいのですが、数によってはデータ通信量をかなり消費します。自動ダウンロードにせず、Wi-Fi環境が整った場所でまとめて行うことがおすすめです」(鈴木さん)

・iPhoneは「設定」の「App Store」で「自動ダウンロード」をオフに。

・AndroidはPlayストアを起動し、「設定」の「アプリの自動更新」を「Wi-Fiのみ」にしておきます。

その他には、iPhoneでは「設定」の「モバイル通信」にある「Wi-Fiアシスト」をオフにしておくと、Wi-Fiが不安定なときでもモバイル回線を使わないようにできるとか。賢く通信データ量を節約することで、快適にスマホを楽しんで。



教えてくれた人



鈴木朋子さん

ITジャーナリスト・スマホ安全アドバイザー。システムエンジニアを経てフリーライターに。SNS、スマホ、パソコン、Webサービスなど、初心者向けのわかりやすい解説に定評があり、テレビや雑誌など各メディアで活躍中。また、2人の娘の子育て経験を生かして「スマホ安全アドバイザー」としても活動。



OZmall公式Instagramでも連載中!





わからないことだらけの「お金」のハナシ。これから先も“私らしく”過ごしていくために必要なお金の新常識を、Instagramでも連載していきます。ぜひフォローしてください。



提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

鍼灸師がアドバイス!気になる腰痛や肩こりにおすすめのセルフケア【働く女性の保健室ウィーク】
NISA口座で投資をするメリットや注意点について、初心者向けにFPがわかりやすく解説
現代の暮らしを映す“用の美”に触れる。徳島県・徳島市「藍ハンカチ」_わたしの町の民藝ちゃん【連載】
皮膚科医に聞いた!マスク・乾燥・花粉に負けないスキンケア【働く女性の保健室ウィーク】