メディア個別 アイスクリームはいつからOK?離乳食インストラクターが答えます! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
アイスクリームはいつからOK?離乳食インストラクターが答えます! 

アイスクリームはいつからOK?離乳食インストラクターが答えます!
~ベビーカレンダー~

この記事では、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが「赤ちゃんはいつからアイスクリームを食べられるの?」というママの疑問に回答しています。

冷たくて甘いアイスクリーム。赤ちゃんはいつからアイスクリームを食べられるようになるのでしょうか? ママが食べているのを、少しくらいなら食べさせてもいいのかな? ということで、今日は「赤ちゃんはいつからアイスクリームを食べられるの?」というお話をさせていただきます。

離乳食期の赤ちゃんは食べないほうがいい?

結論から言うと、離乳食期の赤ちゃんにはアイスクリームを与えないほうがいいと私は考えています。その理由とは?

糖分が多い

アイスクリームには、多くの糖分が含まれています。厚生労働省では、1歳~1歳6カ月(離乳食完了期)の赤ちゃんの1日の砂糖の摂取基準を4gまでとしています。アイスには糖分が何gあると思いますか? アイスクリームにもよりますが、市販のアイスクリーム100g中に約19gほどの糖分があるとか! かなりオーバーですよね。

添加物が心配

市販のアイスクリームには、添加物が含まれていることがあります。幼児さん用にアイスを選ぶときも、裏面表示を確認すると安心ですね。

脂肪が多い

特に乳製品を使っているアイスクリームは、脂肪分が多いです。

生卵を使っているものもある

原材料に生卵を使っているものもあります。生卵は、3歳までおすすめできない食材ですので幼児期も注意しましょうね。

少しくらいなら食べてもいいんじゃない?

糖分、添加物、脂肪分。アイスクリームには赤ちゃんに心配なことがありますが、「少しだけなら食べてもいいんじゃないかな?」と思うかもしれません。


私はアイスクリームのような甘すぎる食べ物は、赤ちゃんのうちは知らないままでいいと思っています。一度食べると、その甘さに病みつきになってしまうかもしれません。


離乳食期と同じで、幼児期になっても食べなくて済む環境を作れるのなら、食べないでいいと思います。食べる場合も、1つ丸々与えるのではなく、量を決めて与えるように心がけてくださいね。

アイスクリームに代わるものはある?

冷たすぎる食べ物は、赤ちゃんにはすすめられませんが、幼児期以降、ごくたまにフルーツを凍らせたデザートを少量与えてもいいですね。


わが家がよくしているのは、ミックスジュースを作って、製氷皿で凍らせることです。わが家の小学生の子どもたちは、私がアイスクリームをめったに買わないので、自分で牛乳やバナナを凍らせてみたりして楽しんでいますよ。甘ずぎない自家製アイスにもチャレンジしてみてくださいね。


赤ちゃんにアイスクリームは、食べさせないほうがいい。幼児期以降も、与え始める時期と量を親が管理することが大切だと思います。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP