メディア個別 余ったポテサラのアレンジレシピ5選 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

余ったポテサラのアレンジレシピ5選
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

前菜としてはもちろん、メイン料理の付け合わせやお弁当のスキマ埋めに、あると便利なポテトサラダ。一度にたくさん作れて、しかも満腹感も得られるので、重宝しているママも多いのではないでしょうか。しかし、その手軽さゆえ、つい多く作りすぎてしまうこともありますよね。そこで、余りがちなポテサラのアレンジレシピを5つ紹介します。

余ったポテサラのアレンジレシピ5選
 

ポテサラといわしのアレンジフライ

ポテサラをたっぷりと使ったフライは、満足感たっぷりの1品です。腹持ちも良く、ポテサラがメインのフライはお弁当にも合いそう。

【材料】(2人分)
・ポテトサラダ…適量
・いわし…4匹
・明太子…20~30g
・卵…1個
・マヨネーズ…大さじ1.5~2
・パン粉…適量
・小麦粉…適量
・塩…少々
・揚げ油…適量

【作り方】
1)いわしを開き、骨を取り、軽く塩を振っておく
2)明太子とマヨネーズを混ぜ、明太マヨネーズを作る
3)(1)に(2)をぬり、ポテトサラダを乗せ、いわしを巻いて形を整える
4)小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて油で揚げれば完成!

ポテサラ自体にしっかりと味がついていて、明太マヨネーズの酸味やまろやかさもあるので、あらためてソースをつけなくてもおいしく食べられます。

ポテサラのキッシュ

余ったポテサラが、おしゃれなキッシュに大変身。パイ生地と香ばしく焼けたポテサラが、相性バッチリです。

【材料】(2人分)
・ポテトサラダ…180g
・卵…2個
・パイシート…1枚
・スライスチーズ…2枚
・牛乳…70g

【作り方】
1)パイシートを麺棒で伸ばし、フォークで穴を作る
2)ポテトサラダに溶き卵を入れて軽く混ぜ、さらに牛乳を加え、混ぜ合わせる
3)耐熱皿にパイシートを敷き、(2)を入れ、上にチーズを乗せる
4)200度のオーブンで20分ほど焼いたら完成!

ポテサラを使うことで、時間と手間のかかるキッシュが簡単にできます。ボリューム満点のキッシュは、食事、おつまみ、おやつなどどんなシーンにも合いますよ。

ポテサラのグラタン

寒くなってくると、熱々&とろとろのグラタンが恋しくなりますよね。そんなときこそ、余ったポテサラを活用。ホワイトソースを作ることなく、ポテサラの味を生かしたグラタンを召し上がれ♪

【材料】(1人分)
・ポテトサラダ…適量
・ゆで卵…1個
・とろけるチーズ…適量
・プチトマト…適量
・マヨネーズ…適量

【作り方】
1)トマトをスライスしておく
2)耐熱皿の底にポテトサラダを敷き詰め、スライスしたトマト、とろけるチーズを入れ、残りのポテトサラダを上から乗せる
3)ゆで卵を細かく刻んで(2)の上に乗せ、最後にとろけるチーズとマヨネーズを乗せて200度のオーブンで10分ほど焼いたら完成!

ポテトサラダにカレー粉を混ぜるなど、アレンジしてもOK。基本的にまろやかな味わいの食材が多いので、チーズはこんがりと焼き目を付けると、香ばしさもプラスされておいしくなります。

ポテサラのミニオムレツ

ミニオムレツは、サイズ感がお弁当にぴったり。小さいので、パクパク食べられちゃいます。

【材料】(カップ2個分)
・ポテトサラダ…大さじ2
・卵…1個
・粉チーズ…少々
・塩コショウ…少々

【作り方】
1)卵を溶き、粉チーズと塩コショウを入れ、よく混ぜる
2)ポテトサラダを大さじ1ずつカップに入れ、(1)を流し込む
3)電子レンジで1分ほど加熱すれば完成!

電子レンジで1分ほど加熱をするとき、卵が半生状態ではなくなり、しっかりと火が通れば大丈夫です。卵がまだ半生状態であれば、追加で加熱しながら様子を見てください。

ポテサラのいももち

最後に紹介するのが、屋台や居酒屋メニューに並ぶ「いももち」。ポテサラを使えば、いももちだって家で作れちゃいます! もちもち食感がくせになって、箸が止まらない!?

【材料】(2~3人分)
・ポテトサラダ…適量
・片栗粉…適量
・とろけるチーズ…1枚
・サラダ油…大さじ1

【作り方】
1)ボウルにポテトサラダを入れ、片栗粉と混ぜる
2)(1)にチーズを入れて丸める。丸めたものを、チーズがはみ出ないよう薄く伸ばす
3)フライパンを温め、サラダ油を入れ、(2)を焼けば完成!

片栗粉は固さを調整しながら入れてください。薄く焼けば、「おやき」にもなり、小さな子どももおいしく食べられそう。味が薄ければ、お好みでしょうゆをつけてみるとしっかり目の味になりますよ。

ポテサラが余ってしまっても、これでアレンジして飽きることなく、おいしく食べることができそう。「これ、本当にポテサラ?」と思われてしまうような、まったく違うメニューに見えるポテサラアレンジレシピ、ぜひ試してみてはいかが?
(文・宇田川エリカ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP