メディア個別 妊娠中に冷たいデザートを食べても大丈夫?管理栄養士が答えます! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
妊娠中に冷たいデザートを食べても大丈夫?管理栄養士が答えます! 

妊娠中に冷たいデザートを食べても大丈夫?管理栄養士が答えます!
~ベビーカレンダー~

この記事では、「妊娠中に冷たいデザートを食べても大丈夫?」という妊婦さんの疑問に管理栄養士が回答しています。妊娠中もこれまでと同じように、冷たいデザートを食べても大丈夫なのでしょうか?

ひんやり冷たいアイスクリームやシャーベット。妊娠前から大好き!という方もいるかと思います。ただ、妊娠中もこれまでと同じように冷たいデザートを食べても大丈夫なのでしょうか? 今回は冷たいデザートとの付き合い方についてお伝えします。

冷たいデザート、たまに食べるならOK!

アイスクリームやシャーベットのような冷たいデザートを食べたからといって、妊娠中の体に何か特別な影響が出ることはありません。


むしろ、妊娠初期はつわりで何も食べられないような時にアイスクリームを少し食べると、適度な糖分をとることができます。妊娠期間中もおやつとしてたまに食べる程度なら問題ありません。

シャーベットにすればカロリーオフ!

多くの場合、冷たいデザートには糖分が多く含まれています。特にアイスクリームは、乳脂肪分と糖分が多く含まれているため高カロリーです。


たとえば、アイスクリームよりも低カロリーのシャーベットやフローズンヨーグルトに変えるだけで、無理なくカロリーを減らすことができます。食べるときは、より低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

体を冷やしすぎないように注意を!

妊娠中に体が冷えると血行そのものが悪くなり、むくみの原因にもつながります。冷たいデザートを食べるときは、一緒に温かい飲み物を飲むようにしましょう。


また、夏の場合も、くつ下やひざかけを利用すれば、冷え対策に効果があります。冷房がきいた部屋で冷たいデザートを食べるときは、こうしたものも準備すると体の冷やしすぎを防ぐことができます。


冷たいデザートもおやつです。体重増加が気になるときは、食べ過ぎに注意する必要があります。たとえばバナナを冷凍庫で凍らせるだけでも、ひんやりとしたおやつになります。カロリーオフしたいときは、手作りのおやつにも挑戦してみてくださいね。

著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP