メディア個別 意外に簡単!見た目も鮮やかピクルス | フレッシュな野菜と冷凍食品で夏を乗り切る! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
美肌 ABC フレッシュな野菜と冷凍食品で夏を乗り切る! ピクルス 

意外に簡単!見た目も鮮やかピクルス
~フレッシュな野菜と冷凍食品で夏を乗り切る!~

ピクルスというと、手作りするイメージがないかもしれませんが、作ってみると意外に簡単。パンを食べるひとりランチの際「サラダ作るのは面倒だな」、なんて思った時にピクルスで野菜を摂れば バランスアップ。満足感も得られます。

料理家の風間章子さんに、フレッシュピクルスの作り方を聞いてきました。

意外に簡単!見た目も鮮やかピクルス
 

●フレッシュピクルス1L瓶分の作り方

フレッシュピクルスの材料は、ブロッコリー1房、キュウリ3本、パプリカ2個、ミョウガ6本。

ブロッコリーは小房に分けて、固めにゆで、しっかりと水を切る。キュウリは縦に切り塩小さじ1を振ってしんなりしてきたら水気を切る。パプリカは種とわたをとって1cm幅に切る。ミョウガは縦に4等分します。

調味料は、白ワインビネガー300cc、白ワイン150cc、水100cc、砂糖50g、ローリエ1枚、クローブス10粒、オールスパイス10粒、シナモン1本、鷹の爪1本。

すべての調味料とスパイスを鍋に入れてひと煮立ちさせます。このピクルス液を野菜にかけて、粗熱がとれたら密封できる広口瓶につめ、冷蔵庫に保存します。
意外に簡単!見た目も鮮やかピクルス
 

●ピクルスで新鮮な野菜の甘みを感じて

ピクルスには様々な活用方法があります。料理家の風間章子さんは、「ホームパーティーでは、ウェルカムドリンクと共に前菜として出すのも喜ばれます」と話します。さらに、塩気はキュウリをもんだ分しか使っていないので、塩分を気にする人でも大丈夫です。

「新鮮な野菜の甘みと白ワインビネガーの酸味で塩を使わなくても、美味しくいただけます。また漬け始めと時間の経った物では風味が異なり、変化を楽しむこともできるはず」(風間さん)

瓶に入れたピクルスは、約1カ月間冷蔵庫でで保存可能とのこと。またピクルスを詰めた瓶はカラフルでかわいいので、ママ友ランチにもピッタリ。テーブルに出しておけばおしゃれに見えてステキです。

せっかくなら新鮮な野菜で作れば、栄養価はさらに満点! 有機野菜・低農薬野菜、無添加食品の宅配サービス『らでぃっしゅぼーや』なら、家に居ながらにして厳選食材が手に入ります。

暑い季節にさっぱりしたピクルスで、夏バテ防止! これでこの夏を乗り切ってみませんか?
(取材・文/谷亜ヒロコ 撮影/新泉由香里)
有機野菜・低農薬野菜、無添加食品を提供するらでぃっしゅぼーやの商品を見る
dショッピング dマーケットパパママ特集
この記事へのご意見はこちら
PAGETOP