メディア個別 親子で楽しめる!無印「じぶんでつくるシリーズ」を自分で作ってみた | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

親子で楽しめる!無印「じぶんでつくるシリーズ」を自分で作ってみた

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
食品から衣類、家具、生活雑貨にいたるまで、幅広いアイテムを取りそろえる「無印良品」。筆者も色んな無印アイテムを愛用していてよくお店に行くのですが、先日、大人でも楽しめるおもちゃ(?)をゲットしたんです。

「じぶんでつくるシリーズ」

筆者が購入したのは、11月の新商品として登場した「じぶんでつくるオーナメント」(税込690円)と「じぶんでつくる木の乗りもの」(税込990円)の2つ。

親子で楽しめる!無印「じぶんでつくるシリーズ」を自分で作ってみた

「じぶんでつくるオーナメント」は、繊維板でできたパーツを組み合わせ、毛糸を巻いて作るオーナメント用のキット。「じぶんでつくる木の乗りもの」は、丸や三角など様々な形をしたパイン材パーツと軸棒を使い、自由に木の乗りものを作ることができるセットです。

じつは、「じぶんでつくるシリーズ」はほかにもあり、上記2つと同時に発売された「じぶんでつくる張子」(税込690円)や「じぶんでつくる楽器・紙のたいこ」(税込1690円)、「じぶんでつくる紙管こどもデスク」(税込4890円)など、全8種類(2018年12月5日現在)がラインナップされています。

時間を忘れて熱中

せっかくゲットしたので、さっそく作ってみることに。まずは、「じぶんでつくるオーナメント」に挑戦しました。

親子で楽しめる!無印「じぶんでつくるシリーズ」を自分で作ってみた

一枚の板状になったオーナメントパーツを抜き出し、切れ目があるところ同士を組み合わせたら、そのあとは溝に沿って付属の毛糸をぐるぐる巻いていくだけでOKです。そして完成品がこちら!

親子で楽しめる!無印「じぶんでつくるシリーズ」を自分で作ってみた

対象年齢が3歳以上というだけあって難しい作業もなく、あっという間に完成。クリスマスツリーはシンプルに緑、雪だるまは赤のマフラー&緑の帽子、トナカイは白(?)と少し余った赤をランダムに巻いてみました。家に毛糸があるなら、さらにアレンジしても楽しそうですね。

続いて、「じぶんでつくる木の乗りもの」に挑戦。木のパーツがたくさん入っていて、タイヤが8個あるので車を2台作れるようです。

親子で楽しめる!無印「じぶんでつくるシリーズ」を自分で作ってみた

「さっそく乗りもの作りを始めよう!」「自由に作れるなんて最高!」と、意気込んでいたのですが、不器用な筆者は設計図がないとまったくイメージできず…。どうにか作り出したのがこちら…。

親子で楽しめる!無印「じぶんでつくるシリーズ」を自分で作ってみた

タイトルは、「トラックっぽい車」です。「じぶんでつくるオーナメント」に比べ、難易度はグンと上がった印象ですが、積み木や車が好きな子どもはもちろん、大人でも楽しめそう! 実際、筆者も苦戦はしましたが、かなり楽しめました。

価格も1000円以内とおもちゃにしては比較的安く、なんといっても見た目がかわいいので、インテリアとしても活躍してくれそう。子どもも大人も楽しめる、無印の「じぶんでつくるシリーズ」。親子で一緒に挑戦してみて!
(文・明日陽樹/考務店)
無印良品ネットストア

あなたにおすすめ