メディア個別 【簡単&きれい】ダイソーの「卵切り器3 WAY」を使ってみた | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【簡単&きれい】ダイソーの「卵切り器3 WAY」を使ってみた

第3149回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
サラダに、朝食に、お弁当に。色んなシーンで大活躍してくれる「ゆで卵」は、その用途によって切り方を変えることが多いですよね。しかし、忙しい朝は一つひとつ丁寧に切る余裕すらないママも少なくないのでは?そこで今回は、簡単に卵の切り方を変えられる100均アイテムを紹介します。

ひとつで3通りの切り方ができる♪

100円アイテム以外にも、低価格で便利な商品を取り揃える「ダイソー」。特にキッチングッズは、忙しいママたちにとっては助かる存在ですよね。そこで見つけたのが「卵切り器 3WAY」(税込108円)です。

【簡単&きれい】ダイソーの「卵切り器3 WAY」を使ってみた

その名の通りゆで卵を3パターンに切ることができるスライサーで、ゆで卵を置く台座のほか、スライスカッター・花形カッター・ハーフカッターの3種類のカッターがついていて、それで切っていきます。カッターといっても、鋭い刃物ではなくプラスチックでできているので、子どもでも安心して使うことができそう。

使い方はいたってシンプルで、ゆで卵を台座の上に乗せ、好きなカッターを垂直におろすだけ。

ネット上の声を見ると、「簡単に切れる!」や「これなら時短になるからありがたい」といった声がある一方、「固ゆでにしなかったからか、途中で崩れてしまった」という声もあがっていました。

ゆで卵を包丁で切ると、その柔らかさゆえ、崩れしてしまうことも多いですよね。はたして本当にきれいに切れるのか、実際に試してみました。

卵は固ゆでにすべし

今回は、ネット上の声を参考にゆで時間を長めにして固ゆでにしました。殻をむいて台座に乗せ、カッターをおろしてみると、型通りにきれいに切ることができました。その仕上りがこちら。

スライスカッター

【簡単&きれい】ダイソーの「卵切り器3 WAY」を使ってみた

花形カッター

【簡単&きれい】ダイソーの「卵切り器3 WAY」を使ってみた

ハーフカッター

【簡単&きれい】ダイソーの「卵切り器3 WAY」を使ってみた

一番きれいに切れたのは「ハーフカッター」。反対に、少し形が崩れてしまったのは、途中で引っかかり黄身がこぼれてしまった「スライスカッター」でした。「花形カッター」は少しだけ黄身がこぼれたものの、均等に切ることができました。

仕上がりにバラつきはあったものの、カッターをおろすときに少し力を入れておろすので、固ゆでにして正解。もし半熟だったら、今回のようにうまくできなかったかもしれません。また、一気におろしたほうがきれいに仕上りそうです。

100円で3通りの切り方ができるなら、持っていて損はないですよね。ダイソーのキッチンコーナーに立ち寄ったら、ぜひ手に取ってみて♪
(文・宇田川エリカ/考務店)

あなたにおすすめ

ピックアップ