メディア個別 現役家電販売員が教える「音の静かな掃除機」を選ぶときの“3つの観点”とは? | なるほど納得!いいモノ選び | ママテナ
現役家電販売員が教える「音の静かな掃除機」を選ぶときの“3つの観点”とは?

現役家電販売員が教える「音の静かな掃除機」を選ぶときの“3つの観点”とは?

第141回 なるほど納得!いいモノ選び
掃除機は家を綺麗に保つために必要ですが、音が大きく近所や家族とのトラブルの原因にもなりやすい家電です。最近では静音機能がある掃除機が販売されているので、購入を検討してはどうでしょうか?今回はそんな音の静かな掃除機の選び方をご紹介します。

集合住宅や昼間働いている人には音の静かな掃除機がおすすめ

集合住宅に住んでる人や昼間働いていて掃除は夜しかできない人は、掃除機の音が気になりますよね。家族から掃除機の音がうるさい、とクレームをつけられたことがある人は多いのではないでしょうか?

掃除機はもはや生活必需品の一つといっていい家電ですが、ご近所とのトラブルの多い家電でもあります。ですが、静音にこだわった掃除機や、音がなるべくたたないタイプの掃除機を使用すると、トラブルを避けることが可能です。

今回はそんな音の静かな掃除機を現役家電量販店店員のたろっささん監修のもと、音の静かな掃除機の選び方を紹介します!

現役家電販売員が教える音の静かな掃除機の選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

たろっささん

現役家電販売員

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

非常に商品数が多い音の静かな掃除機ですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

1.どれくらいが静音の掃除機なのか
2.キャニスター?スティック?タイプで選ぶ
3.吸引力を確認しよう

どれくらいが静音の掃除機なのか

静音性に関わる数字は騒音レベル、dBで表されている部分になります。一番優れているものは40dB台のものもあり、エアコンの室外機や静かなオフィス程度の動作音のものも。音の静かさで選ぶのであれば少なくとも60dB未満、可能であれば50dB未満のものを選ぶと良いでしょう。


騒音レベルが低いと集合住宅などでも使いやすく、深夜や早朝でも気兼ねなく使用することができるのも大きなメリットです。

キャニスター?スティック?タイプで選ぶ

キャニスター型、スティック型、ロボット掃除機、ハンディ型などさまざまありますが、基本的にキャニスター型は移動の際にも音が出ますし、振動もなかなかのものである場合がほとんど。そうなるとどうしても騒音という観点から行くと少し厳しいという状態です。


スティック型は小型になっているためモーターも小さめの場合が多く、キャニスター型に比べて騒音レベルは若干低め。静音性を取るのであればスティック型がおすすめです。ロボット掃除機なども静かではあるものの、能動的に自分で使用することができないのはご注意ください。

吸引力を確認しよう

掃除機というカテゴリですから、当然ゴミを吸わなければ話になりません。吸引力という観点から見ていくのも非常に重要です。しっかりとお手入れをすれば吸引力が持続するサイクロン式は長く使う上でおすすめ。

ゴミを触りたくない、まめに紙パックを交換できるということであれば紙パック式でも構わないでしょう。いずれにせよ、掃除機によってまったくパワーが違うため、いくつか電気屋などで吸い込みを試してみると良いでしょう。

より拘りたい方に!編集部がおすすめするその他の選び方

掃除機の音の大きさは、騒音量だけでなく集塵方式や掃除機の型、吸引力、サイズや重さなどによって変わります。ここでは、それぞれの選び方のポイントを紹介します。

こだわりたい点によって選ぶ

人それぞれこだわりのポイントが異なるので、一番こだわり点によって選ぶ方法もあります。

吸引力にこだわる場合は「騒音量」が低く「ワット数」が大きいものを

掃除機を選ぶ際のポイントに吸引力を挙げる人は多いです。ですが、一般的に吸引力が強いものは音も大きくなる傾向にあります。ですので、静音にこだわりすぎると、ゴミの吸い取り残しが出るなど、掃除に不満が出てしまうことも。

吸引力は、「吸込仕事率」で表され、ワット数(W)で表示されます。ですので、ワット数が高いものは吸い込む力が優れています。

吸引力にこだわる場合は、65dB以下でできるだけワット数が大きい掃除機を選ぶことをおすすめします。

サイズや重さにこだわるなら「スティック型」を

サイズや重さにこだわるのなら、スティック型やハンディ型がおすすめ。掃除機はコンパクトで持ち運びやすい方が取り回しが効き、余計な音をたてません。スティック型を選ぶ場合は2キロ前後のものが使いやすいでしょう。

コードが立てる音が気になる場合は「コードレス式」を

掃除機にはコード式とコードレス式があります。コード式は充電する必要がないので、時間を気にせず使用することができます。ですが、使用時にコードを引きずったり、しまう時に巻き取ったりする必要があり、その際に音がします。

コードレス式は運転時間に制限がありますが、コードを引きずったり巻き取ったりする必要がないので、コードに関する騒音がありません。音が静かな掃除機で、コード式かコードレス式かで迷った場合はコードレス式を選ぶといいでしょう。

音が静かな掃除機のメーカーで選ぶ

近年では日本の住宅事情を考えて静音効果にこだわった掃除機をつくるメーカーが増えています。ここでは、音の静かな掃除機をつくっているメーカーを紹介します。

電子工具をつくっている「MAKITA(マキタ)」

MAKITAは業務用の製品を主につくっている国内最大の総合電動工メーカー。工具と同じものを使用するので、バッテリーの性能がよく長く使える、吸引力が高い、充電が早いなどの特徴があります。MAKITAの掃除機は新幹線の車内清掃用に使用されています。

豊富なラインナップの「日立」

日立は家電品、空調機器、設備機器などの販売、エンジニアリング、保守サービスの提供、などを行っているメーカー。サイクロン式、紙パック式、スティックタイプ、ロボット掃除機などラインナップが豊富なのが特徴です。

静音性掃除機の開発に力を入れている「東芝」

東芝は日本を代表する総合電機メーカー。重電、家電、電子機器まで幅広く手掛けています。掃除機の開発では、静音性に力を入れているのが特徴。エコモードやLEDライト付きノズルなど消費者のニーズに合った製品を作っています。

サイクロン掃除機を初めて開発した「ダイソン」

ダイソン(Dyson)はイギリスが本拠地の電気機器メーカー。サイクロン式の掃除機をはじめて開発・販売したことで有名。サイクロン式といえばダイソン、と答える人も多いでしょう。

とくにコードレスのスティック型は、スティック型ながら強い吸引力があります。音が大きいのがデメリットといわれてきましたが、近年では静音設計の掃除機も開発されています。

国内のサイクロン式なら「シャープ」

シャープは日本で初めて電子レンジを開発したメーカー。2000年から国内のメーカーに先駆けてサイクロン式の掃除機を開発しており、国内サイクロン掃除機のパイオニアとして活躍。使う人にも周囲の人にも優しい掃除機つくりを心がけています。

付属品もチェックしよう

掃除機を購入する場合は付属品もチェックしましょう。掃除機の付属品には、隙間用、布団用、サッシや溝掃除用、家具やパソコン画面用、絨毯用のノズル、替えのバッテリー、紙パックなどがあります。

安価な商品には、付属品がついておらず、後で付属品を買い足さないといけない場合があります。自分が必要とする付属品がついているかどうかを確認しておきましょう。

音が静かな掃除機 6選

パナソニック(Panasonic)

サイクロン掃除機

Amazonで詳細を見る

見えないハウスダストも検知する

パナソニックの紙パック式掃除機は、キャニスター式ながら本体が2.6キロと軽量なのが特徴。ノズルも軽量素材を使用した小型軽量パワーノズルで軽さにこだわっています。

 

また、目に見えないサイズのハウスダストを感知して吸い残しを光ってお知らせ、吸い取ったら消灯するので、赤ちゃんがいる家庭やダニアレルギーの人におすすめです。

重量2.6kg
騒音57dB
電源コード式
集塵方式サイクロン式
タイプキャニスター型
最長運転時間なし
充電時間なし
吸込仕事率
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)

自走式パワーブラシ

Amazonで詳細を見る

ラクイック着脱でゴミ捨てラクチン

三菱電機の自走式パワーブラシは、キャニスター型の掃除機です。面倒な紙パックの交換が開けて取るだけ(はずすだけ)のラクイック着脱で簡単にできます。

キャニスター型ながら本体が2.1kg、ホースが1.3kgと軽いのが特徴。その上握りやすいフィジ軽グリップなので、持ち運びが楽。階段や高いところの掃除も苦になりません。アタッチメントのブラシは角度を変えることができるので、細かい場所の掃除もおまかせです。

重量本体2.1kg ホース1.3kg
騒音63dB
電源コード式
集塵方式紙パック
タイプキャニスター型
最長運転時間なし
充電時間なし
吸込仕事率850W
Hosome

お掃除ロボット掃除機 ロボット型クリーナ)

Amazonで詳細を見る

55dBの低騒音で赤ちゃんもすやすや

Hosomeのロボット掃除機は、水拭きタイプ。独特のエアダクトを設計することで動作音を55dB以下に抑えています。掃除経路をすぐれた精度で認識・記憶しS形ルートであますことなく部屋を掃除します。

水拭きの際の水量を自動でコントロールし最適な水量で拭き掃除。境界線テープを貼ることで進入させたくない箇所の掃除を避けることもできます。スマホにも音声にも対応するので、外出先や違う部屋から操作したり、声に出すだけで操作したりすることができます。

重量梱包重量 5.42㎏
騒音55dB以下
電源充電式
集塵方式
タイプロボット型
最長運転時間
充電時間約5時間
吸込仕事率
amarey

ロボット掃除機

Amazonで詳細を見る

強力吸引・超低音のロボット掃除機

amareyのロボット掃除機は、強力な吸引力でペットの毛抜きや髪の毛などもしっかりとキャッチ。しかも、吸引力を保ったまま稼働中の音が下がるように設計されているので、58dBと低音なのが特徴です。

衝突防止センサー搭載で障害物を感知。高低差も感知するので落下も防ぎます。1~2cmまでの段差は乗り越え可能なのでフローリングから絨毯へとスムーズに移行して掃除します。3重構造のフィルターでほこりを空中にまき散らさないのでハウスダストアレルギー対策にも。

重量梱包重量 4.3kg
騒音58dB
電源電池内臓
集塵方式
タイプロボット型
最長運転時間
充電時間
吸込仕事率
マキタ(Makita)

コードレス掃除機

Amazonで詳細を見る

わずか22分で高速充電

マキタのコードレス掃除機はファンで冷却するので、充電時間がわずか約22分なのが最大の特徴。充電が切れても、少しの時間で再使用が可能です。また、バッテリ容量お知らせランプで、うっかりバッテリーを切らして使用できない、というミスを防いでくれます。

1.1kgと軽量なので持ち運びも楽。女性や子供でも気軽に使用できます。3つのモードをボタンひとつで切り替えることができるので、使用可能時間が長い強モードと短い弱モードの使い分けも簡単。運転可能時間を効率よく使うことができます。

重量1.1kg
騒音58dB
電源充電式
集塵方式紙パック
タイプスティック型
最長運転時間パワフル約10分 強約12分 標準約25分
充電時間
吸込仕事率パワフル32W 強20W 標準5W
シャープ(SHARP)

サイクロン掃除機

Amazonで詳細を見る

フィルターセルフクリーニングでお手入れが楽

シャープのサイクロン掃除機は、フィルターがセルフクリーニング。サイクロン式掃除機はフィルターを洗わないといけない商品が多いのですが、この商品はつまみを回すだけで面倒なフィルターの掃除ができます。

本体はコンパクトで、使いやすいグリップハンドルがついているので操作もラクラク。からぶき機能がついているので、フローリングや畳のからぶきができるのも高ポイントです。床や動作に合わせて自動でパワーをセーブするので、節電効果が高いのも嬉しい商品です。

重量約3.8kg
騒音64~約57dB
電源コード式
集塵方式サイクロン式
タイプキャニスター型
最長運転時間
充電時間
吸込仕事率450W~約70W

掃除する場所によってヘッドを使い分けよう

家庭の床には、畳、絨毯、フローリングなどの種類があり、それぞれの床に適したヘッドを選ぶと掃除がより効率的にきれいにできます。「タービンブラシ」は、風によってヘッドの中のブラシを回転させてゴミを吸引します。フローリングや階段掃除におすすめ。

「モーター式パワーブラシ」は、ヘッドの内部にモーターがついているので、ゴミを掻き出すパワーにすぐれています。じゅうたんやカーペットの掃除におすすめです。

「床ブラシ」は、ヘッドの中に回転ブラシがついておらず、風力のみでゴミを吸い込みます。フローリングや階段掃除におすすめです。

まとめ

今回は音の静かな掃除機について選び方を紹介しました。使用の際の音がうるさいのが掃除機のデメリットですが、消音にこだわって購入すると音はかなり軽減されます。ぜひ、購入の際の参考にしてみてください!

記事中で紹介している製品は、gooランキングセレクトが推奨しています。この製品情報から経由したショッピングサイトでお客様が製品等を購入すると、運営サイドにアフェリエイトによる報酬が入る場合があります。また、掲載している情報は、記事執筆時点のものです。
©NTT Resonant Inc. & ©Rank King, Inc.

ピックアップ

世界的に人気!?ダウンコートの定番メーカー「カナダグース」の魅力って
非常に耐久性が高く、汚れにも強い!?「マンハッタンポーテージのリュック」とは?
一つあればゆったりとくつろげる!「一人掛けソファ―」の選び方のポイントは?
子供の運動神経の向上にもいい「室内用ジャングルジム」!省スペースタイプのものも?