メディア個別 子供の足裏マッサージで集中力アップ!セラピストの手技を画像で解説 | 子が変わる! 足裏マッサージの驚くべき効果 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

子供の足裏マッサージで集中力アップ!セラピストの手技を画像で解説
~子が変わる! 足裏マッサージの驚くべき効果~

足裏マッサージがトップアスリートの育った環境に共通していたことや、“集中力を高める”“運動神経がよくなる”など、子どもに様々な効果をもたらすと話題になったことで、「受験前には受験生のお子さんの足裏マッサージの予約が殺到するんです」と、話すのは、サロン アンピール主宰の鈴木きよみ先生。

そんな嬉しい効果があるなら、ぜひ親御さんが我が子に日々足裏マッサージをしてあげられたらいいですね。でも、どうやっていいかわからない人も多いのでは? そこで、足裏マッサージの正しい効果的な方法とともに、“子どもの集中力をアップさせる足裏マッサージ”も教えていただきました。

●マッサージ前の準備と注意点

【準備】
「お子さんの足裏マッサージをはじめる前は、手をこすって温めて、ボディ用クリームやオイルをたっぷりのせ、さらにこすってなじませてからマッサージをスタートします。指輪などのアクセサリーは必ずはずしましょう!」(鈴木先生 以下同)

足裏マッサージ 準備
 
足裏マッサージは、左足からはじめていきます。
太ももにタオルをのせ、お子さんの足をのせたら、お子さんのヒザ下の足全体にもオイルやクリームをなじませて準備完了。

足裏マッサージ 準備
 
【注意点】
・食後30分以内のマッサージは避けましょう。
・ケガや打ち身のある部分は避けて行いましょう。
・子どもが痛がったときは、すぐにその部分はやめましょう。子どもは大人と違い、“痛いものだ”とわかったら、二度とやりたがらなくなってしまうので。

【施術の時間とタイミング】

「お子さんの場合は、寝る前に20~30分(片足10~15分)くらいが理想です」

●足裏マッサージの基本。これにはじまり、これで終わること!

準備ができたらマッサージをはじめます。

「足裏マッサージをするときは、腎臓→輸尿管→膀胱という、基本の部位のツボマッサージではじめ、最後またそれで終わるようにします。体の毒素や疲れを尿を通して出すというのが我々が行っている“ゾーンセラピー”の大きな特徴になり、最初に腎臓の機能を上げておくことが大切になります」

下の足裏の反射区(ツボ)図を参考にしながら、いよいよ足裏マッサージの基本からスタート!


足裏の反射区図
 
1)拳をつくって中指の第二関節で左足の腎臓→輸尿管→膀胱の反射区を順に矢印のように6回さすります。右足も同様に行います。※小さいお子さんの足の場合は、親指の腹で押していくのがおすすめです。

腎臓の反射区マッサージ
 

●『子どもの集中力をアップさせる足裏マッサージ』スタート!

「足裏マッサージ自体が日々の集中力を高める効果があるのですが、よりテスト前や集中力を要するときなどにプラスすると効果を発揮する足裏マッサージです。親指が脳の反射区になりますが、親指の中央に頭の回転をよくする脳下垂体の反射区があります。さらに、足の指先には脳の疲れをとり、やる気をアップさせる前頭洞という反射区があります」

1)指先で足の親指の中央の脳下垂体の反射区を6回押します。
集中力を高める足裏マッサージ①
 
2)親指から小指まで指先の順にそれぞれ6回ずつ指先の前頭洞という反射区を刺激していきます。(1)~(2)を右足も同様に行います。
集中力を高める足裏マッサージ②
 
テスト前やここぞ!ということがある前日は、ぜひお子さんに集中力を高める足裏マッサージをしてあげてくださいね!
(構成・文/横田裕美子)

お話をうかがった人

ママテナ読者が良く購入している人気アイテムやグッズ、アプリをランキング化!みんなはいくつ知ってる?

  • 1位
  • 『ウルシヤマ金属 油キレイ 260ml』

    天ぷらなどで利用した廃油に混ぜるだけで油が洗剤に変わるというスグレモノ! 入れると油が一瞬で乳化してサラサラに。スポンジも鍋もベトつかず後処理が楽チンに


  • 2位
  • 『TOFULOVEプロフェッショナルメイクアップスポンジ』

    ラテックスフリーで肌に優しく、ファンデーションが薄塗りでもムラなく美しく仕上がるとママたちの間でもひそかなヒット! 価格も400円程度と安価なのもうれしい!


  • 3位
  • 『たっきーママのHappy朝ラク弁当』

    ミツカンやサントリー、味の素KKなど、数々のメーカーが主催するレシピコンテストで受賞し、料理ブロガーとしても大人気のたっきーママ。毎朝簡単に、しかも華やかなレシピの数々はママたちに大好評!


    >この記事へのご意見はこちら
    PAGETOP