メディア個別 出産する産院どうやって選ぶ?高齢出産で個人病院を希望していた私の場合 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

出産する産院どうやって選ぶ?高齢出産で個人病院を希望していた私の場合

ベビーカレンダー
この記事では、高齢出産で個人病院を希望していたママが出産する産院をどうやって選んだのかという体験談を紹介しています。

妊娠がわかってから、もしくは妊娠を考えてから、どの産院で出産しようかと考えますよね。産院を選ぶにあたって、人それぞれ重点をおくことは異なります。今回は、これから産院選びをする方に向けて、高齢出産だった私がどのようなことに重点をおき、出産する産院(個人病院)を決めたのかお話しします。

高齢出産でも受け入れてもらえるかどうか

高齢出産やBMIが高い場合などのハイリスク妊婦は、個人病院だと分娩を受け入れてもらえない場合があるという懸念点がまずありました。


どんなに気に入った産院であっても、受け入れてもらえないのであれば、もちろん出産はできません。そこで、いくつか産院の候補をあげ、産院のホームページで確認したり実際に問い合わせたりしました。産院の中には、実際に診察してから受け入れられるか検討するというところもありました。

もしものときのバックアップ体制

もうひとつの懸念点が「緊急時のバックアップ体制がしっかりしているかどうか」でした。


母体はもちろんですが、赤ちゃんに何かあったときの対応も確認が必要です。救急車を用意してあるだけでなく、なかには新生児を搬送するときの特殊な器械を備えている産院もありました。また、「緊急時の状況による」という回答の産院も。個人病院でも緊急搬送先としてほかの大きな病院と提携しているところもありました。

何に重点をおくか、しっかりと確認を!

いくら受け入れ態勢が整っていたとしても、通う際にあまりに不便など、自分自身が納得いかない産院では意味がありません。妊娠が分かってからでもかまいません。自分が何に重点をおいて産院を選ぶのか、しっかりと確認し、事前に決めておくことがスムーズに産院を決定するうえで必要だと感じています。


私の場合、高齢出産でも受け入れてくれること、全室個室であること、主人が立ち会えること、セキュリティーがしっかりしていること、この4つに重点をおいて産院を決定しました。また、希望をすべて叶える産院がない場合は、優先順位を決めておくといいかもしれません。


結果的に選んだ産院は、私が挙げていた条件をクリアしたうえに、きれいな個室とおいしい食事で大満足の結果となりました。一生のうちに何度とない出産ですから、悔いのないように産院選びも楽しみたいですね。

著者:石田文子

一児の男の子の母。専業主婦。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

あなたにおすすめ

ピックアップ