メディア個別 「救急車呼ぶ?」就寝中も七転八倒するほどの生理痛から救ってくれたのは | ベビーカレンダー | ママテナ
「救急車呼ぶ?」就寝中も七転八倒するほどの生理痛から救ってくれたのは

「救急車呼ぶ?」就寝中も七転八倒するほどの生理痛から救ってくれたのは

年齢を重ねるごとに生理痛や生理による体調不良がひどくなり、不安を感じるようになった女性。生理のつらい症状にどのように対処し、改善していったのか体験談を紹介しています。

10代後半からどんどんひどくなっていった生理痛。鎮痛剤が手放せず、生理がくるタイミングによっては、あまりの痛さに「救急車を呼ぶか?」ということも頭にちらつくほどでした。そんな私がある行動を起こしたことで、劇的に生理痛から解放されることになった体験談をお話しします。

生理のために鎮痛剤を持ち歩く日々

生理痛は生理が始まった10代からありましたが、鎮痛剤を飲むほどになったのは、社会に出た10代後半からでした。私の場合、生理がきた初日が一番痛みが強く、おなかの中を雑巾絞りされているのかと思うような締め付ける痛みと、急激な下痢や冷や汗、吐き気などが出て、顔面蒼白になることもしばしば。


20代半ばには、市販の鎮痛剤だと、特定のもの以外は効果がないほど痛みが強くなっていました。そんな状態なので、生理に備えて持ち歩くのはナプキンだけでなく鎮痛剤もマストでした。

寝ている間に生理が始まると、悲惨な目に…

寝ているときに生理が始まってしまうと、すぐに強い痛みがやってきて眠っていられず、あまりの痛さに七転八倒でした。這いずりながら鎮痛剤を取りに行って飲むのですが、薬が効き始めるまでの時間が本当に痛すぎて……。


布団の中で冷や汗をかきながら唸る私を見て、当時、同棲中だった彼が「救急車、呼ぶ?」とびっくりするほどでした。結局そのうち薬が効いて落ち着くのですが、翌日はただでさえしんどい生理の日に、寝不足の状態で仕事に行っていました。

関連記事:

ピックアップ

ついにキタ!人気の「コンパクトガード」数量限定デザインがおカワ♪
【業務スーパー】チーズがウマい!マニア厳選の風味もコスパも良い2選
元モラ夫がまさかの「四人目欲しい」発言。私の決断は…!? #夫を捨てたい 23
「陣痛なう」ってこういうこと?!3人目にして希望が叶った出産体験談