メディア個別 ピリ辛が味を引き立てる! ゆずこしょうレシピ3選 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ピリ辛が味を引き立てる! ゆずこしょうレシピ3選

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
おでんや鍋で活躍するゆずこしょうは、正直そんなに頻繁に使うものではなく、余ってしまいがちな調味料の1つですよね。せっかくあるのなら、使わないのはもったいない! そこで、今回はゆずこしょうを活用したレシピを3つ紹介します。これで、家にあるゆずこしょうの出番が多くなりそう!?

ピリ辛が味を引き立てる! ゆずこしょうレシピ3選

野菜のゆずこしょう炒め

ゆずこしょうのスパイシーさが決め手となる野菜炒めは、白いご飯にぴったり! おかわりのしすぎに注意してくださいね。

【材料】(2人分)
・ピーマン…1個
・パプリカ(赤)…1/2個
・卵…1個
・しめじ…適量
・オリーブオイル…適量
★しょうゆ…大さじ2/3
★ゆずこしょう…小さじ1/2

【作り方】
1)ピーマンとパプリカ、しめじは食べやすい大きさにカットする
2)ボウルに卵を溶く
3)熱したフライパンにオリーブオイルをひいて炒り卵を作り、皿に取り出しておく
4)卵を取り出したら、そのままのフライパンに野菜類を入れて炒める
5)野菜がしんなりしてきたら取り出した炒り卵を入れ、★を加えながら炒めて完成!

上記の野菜以外に、冷蔵庫にある食材で作ることができるので、色々試してみるのも味の変化が楽しめそう! 調味料もゆずこしょうとしょうゆだけなので、時間がないときでもパパっと作ることができそうです。

里芋と豚肉のゆずこしょう煮

続いては、やわらかしっとりな里芋とホロホロに煮込んだ豚肉がおいしい煮物。ゆずこしょうを入れることにより、味が引き締まります。

【材料】(2~3人分)
・里芋…5~6個
・豚バラブロック…300g
・しょうが…少量
・水…600cc
★しょうゆ…大さじ3
★三温糖…大さじ2
★ほんだし…小さじ1
★ゆずこしょう…小さじ1/2

【作り方】
1)里芋の皮をむき、水につけておく
2)豚バラブロックはひと口大に切る
3)しょうがはすりおろしておく
4)鍋に豚バラブロックとひたひたになるくらいの水を入れ、しょうがを加えたら10分ほど煮る
5)(4)の煮汁を捨て、水600㏄と★を入れてさらに10分煮る
6)(5)に里芋を入れ、中火で30分ほど煮れば完成!

豚の角煮はとろとろになるまで煮るとおいしさがUPします。ゆで卵を一緒に入れれば、同時に味玉も作ることができますよ。

鶏肉のゆずこしょう入り春巻き

最後は、ゆずこしょうのピリッとした味がおつまみにも最適な春巻きのレシピです。後を引くおいしさで、何本でも食べられちゃいそう!

【材料】(2~3人分)
・鶏もも肉…1枚
・春巻きの皮…6枚
・海苔…1枚
・スライスチーズ…3枚
・ゆずこしょう…少々
・水溶き片栗粉…適量

【作り方】
1)鶏もも肉を6等分にして耐熱皿に入れ、電子レンジで軽く加熱する
2)スライスチーズは半分にカットし、海苔は6等分に分ける
3)ゆずこしょうを鶏肉の表面全体に塗る
4)海苔、鶏肉、ゆずこしょう、スライスチーズの順で春巻きの皮で巻き、水溶き片栗粉でつなぎ目を塞ぐ
5)160度の油でキツネ色になるまで揚げれば完成!

塗りすぎると辛くなるので、ゆずこしょうの量は調整してくださいね。海苔のかわりに、大葉や梅を入れれば、さっぱりとした味わいになりますよ。

ゆずの爽やかさと、ピリ辛がクセになりそうなゆずこしょう。おでんや鍋以外でも使い方は様々あるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
(文・宇田川エリカ/考務店)

あなたにおすすめ

ピックアップ